“不作の83年組”松本明子「まったく陽があたりませんでした」 盟友とアイドルナイト開催

タレントの松本明子が14日、小林千絵、木元ゆうこ、河上幸恵ら1983年に結成されたアイドルグループ・お神セブンのメンバーと共に、東京・ケネディハウス銀座で『アイドルナイト ~CHAYまんねんシスターズ 甘く楽しいホワイトデーライブ~』を開催した。

お神セブンのメンバーとアイドルナイトを開催した松本明子(右)
お神セブンのメンバーとアイドルナイトを開催した松本明子(右)

CHIE、AKIKO、YUKOで『CHAY(ちゃい)まんねんシスターズ』

 タレントの松本明子が14日、小林千絵、木元ゆうこ、河上幸恵ら1983年に結成されたアイドルグループ・お神セブンのメンバーと共に、東京・ケネディハウス銀座で『アイドルナイト ~CHAYまんねんシスターズ 甘く楽しいホワイトデーライブ~』を開催した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 お神セブンは、アイドル黄金期の1980年代に“花の82年組”といわれる中森明菜、早見優、小泉今日子、堀ちえみといった82年デビュー組と、菊地桃子、荻野目洋子といった“84年組”のスーパーアイドルたちの間に挟まれ“不作の83年組”と呼ばれていた83年デビュー組の総称。

 今回はお神セブンのメンバーから、関西のユニットとして松本、小林、木元による歌唱とトークライブを開催。ライブタイトルは小林の千絵(CHIE)、松本の明子(AKIKO)、木元のゆうこ(YUKO)の頭文字をとったもの。ライブでは『銀座カンカン娘』や『♂×♀×Kiss』、『瑠璃色の地球』、『う・ふ・ふ・ふ』など、全16曲を熱唱。さらにコントのパフォーマンスや、ファンからの質問に答えるなど、ライブハウスならではの距離感の近さで、ファンとの交流を深めた。また、特別ゲストとして、83年デビュー組の同期・河上が登場し、デビュー曲『ブルー・エトランゼ』を披露した。トークセッションでは、アイドルとして活動していた当時の裏話や、堀越高校での生活などが話題になった。

 松本は「83年デビュー組は、アイドルとしてはまったく陽があたりませんでした」と明かし、「でも、そのおかげで、売れなくて悔しい思いをした絆が生まれ、デビューして40年経った今もとても仲が良いのです」と同期との絆を振り返った。「その7人で昨年は40周年イベントを博品館でやり、今回はその中のバラドル色の強い関西系の3人(小林、木元、松本)で、それぞれの頭文字を取って『CHAY(ちゃい)まんねんシスターズ』と名付けユニットを組み、ライブしました」と経緯を語った。

 60歳を迎えた小林は、「人生、1回りして、青春時代に共に過ごした仲間とステージに立てて最高に幸せ!」と喜び。木元は「青春時代を共に過ごして来た同期と再びステージに立てる事の喜び、今第二の青春のように感じています。当時から私たちをご存知の方も新たにお知りになった方も一緒に楽しい時間を過ごせました」と語った。またゲスト登場した河上は、「同期のみんなの活躍に励まされてきました! こうして共にステージに立てる事、応援して下さる皆さまにお会いできる幸せに心から感謝です!」とコメントしている。

 同ライブは初開催にもかかわらず、予約が即完売。次回は6月1日に開催される。

次のページへ (2/2) 【写真】アイドルナイトで懐かしの楽曲を披露する松本明子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください