宮世琉弥、初主演映画の公開前夜で「超緊張」 監督からの突然のムチャぶりにタジタジ

俳優の宮世琉弥が14日、都内で行われた『恋わずらいのエリー』(3月15日公開)の前夜祭イベントに出席。初めての映画主演作の公開を前に心境を明かした。

イベントに登場した宮世琉弥【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登場した宮世琉弥【写真:ENCOUNT編集部】

「人生で初めての映画なので、すごくいろいろと感慨深い」とドキドキ

 俳優の宮世琉弥が14日、都内で行われた『恋わずらいのエリー』(3月15日公開)の前夜祭イベントに出席。初めての映画主演作の公開を前に心境を明かした。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 原作は藤もも氏による同名漫画。学校イチのさわやか王子・オミくんと、“恋わずらいのエリー”としてSNSで妄想をつぶやくのが日課のエリーによるラブストーリーを描く。オミくんと宮世、エリーを原菜乃華が演じ、ダブル主演を務める。

 映画上映後の登壇。作品を見終わったファンの前に出るのも初めてとあって「実は僕、超緊張している。前夜祭でもこんなに緊張しているので、あしたはどんな気持ちでいるんだろう。人生で初めての映画なので、すごくいろいろと感慨深いなって」とドキドキ。

 さらに「きょう僕、しゃべっていないですよね? 監督から舞台あいさつ前に『面白いこと言ってくれるよね?』と言われてプレッシャーをかけられていて」と苦笑い。すると三木康一郎監督が「面白いことを言うなら今だよ」と突然ムチャぶりし、宮世は「よくない、それ。超よくない」と戦々恐々としていた。

 三木監督はクランクイン前に宮世と対面したときを振り返り、「すごく軽い感じだったけど、すごく緊張していた。この映画に懸ける思いはあまり見えないけど、現場に入るとどんどん出てきて『僕も頑張らないといけないな』と思えた」とコメント。宮世が「僕、最初軽かったですか? 弁解していいですか。衣装合わせのとき、監督がブランドものを持っていたからそれで軽くなってしまって」と釈明していた。

 イベントにはそのほか、原菜乃華、白宮みずほ、綱啓永、小関裕太、映画主題歌を担当した9人組グローバルガールズグループ・NiziUも参加した。

次のページへ (2/2) 【写真】前夜祭イベントの様子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください