【相棒22】右京が“暴露系配信者”に? ラストシーンに視聴者困惑「どうしちゃったんだ…?」

俳優の水谷豊が主演を務め、寺脇康文が共演するテレビ朝日系連続ドラマ『相棒SEASON22』(水曜午後9時)の第19話が、6日に放送された。今回は最終回スペシャルの前編となる。

ドラマ『相棒SEASON22』で杉下右京役を演じる水谷豊【写真:ENCOUNT編集部】
ドラマ『相棒SEASON22』で杉下右京役を演じる水谷豊【写真:ENCOUNT編集部】

ディープフェイク動画の可能性も「本人が絶対使わないワード」

 俳優の水谷豊が主演を務め、寺脇康文が共演するテレビ朝日系連続ドラマ『相棒SEASON22』(水曜午後9時)の第19話が、6日に放送された。今回は最終回スペシャルの前編となる。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 同作は、2000年に誕生した刑事ドラマシリーズ。警視庁で“人材の墓場”と呼ばれる『特命係』に配属された警部・杉下右京とその相棒たちが、数々の犯罪事件を解決していく。もともとキャリアとして警察庁に入庁した右京は、“切れモノ”過ぎるが故に上層部からにらまれ閑職に追いやられたが、卓越した洞察力と名推理で事件の謎を解き明かしていく。

 寺脇演じる特命係巡査部長の亀山薫は、SEASON1からの“初代相棒”。約14年ぶりに“五代目相棒”として右京とのコンビが復活し、今作で再会2年目となる。

(※以下、ドラマの内容に関する記述があります)

 法務大臣の下川阿貴(黒谷友香)が指揮権を発動し、与党幹事長の収賄容疑に関する強制捜査が見送られることになった。裏で糸を引いていたのは内閣官房長官の武智淑郎(金田明夫)だったが、官邸の横暴をほとんどのマスコミは黙殺していた。

 収賄の捜査を担当していた東京地検特捜部部長の尾上欣悟(甲本雅裕)も、圧力に屈さざるを得なかった。唯一、政権にかみついたのが、ベテラン政治学者の乙部泰治郎(佐戸井けん太)。乙部は東都テレビのワイドショーに出演した際、尾上の正義感を信じ、「特捜部長の気骨に期待する」とテレビで発言していた。しかし捜査の見送りが覆されることはなく、尾上は異動させられた。

 そんな中、乙部が未成年の多賀潮(島田裕仁)に襲われる。多賀は乙部にけがをさせると、政府批判する乙部に謝罪させる動画を配信していた。右京と薫が多賀を調べると、多賀の父親は蒸発しており、母は地元のヤクザから2000万円の借金をして亡くなっていた。多賀は未成年の身で母の借金を背負い、生活に困窮していた。そんな多賀の自宅の冷蔵庫から、総菜の中に隠してあった現金2000万円が発見される。

 同じ頃、乙部をワイドショーにオファーした東都テレビのプロデューサー・西村拓三(内藤裕志)が殺害された。西村は乙部に「好きなだけ政権批判していい」と伝えており、番組放送後に退職していた。放送後、“政府筋”から抗議が入ったという。自身の会社を立ち上げたばかりのタイミングで、何者かにクロスボウで殺害されてしまった。

 右京は、政権批判する人物が襲われた2つの事件に、武智が関与していると推理する。武智は自分を批判する記事はどんな小さなものでも目を通していた。しかし批判相手をどう喝するのではなく、丁寧なお礼の手紙とともに地元の特産品を大量に送り、懐柔する作戦をとっていた。それに屈しなかったのが乙部だった。

 さらに、西村と下川にはハロウィンパーティーで接点があったことが判明。その際の仮装で、下川はクロスボウを持っていた。また、東都テレビに抗議を入れた人物は、内閣情報官の社美彌子(仲間由紀恵)だった。

 ある朝、人気動画サイトに、なぜか右京の動画がアップされた。右京はいすに腰掛け、「ごきげんよう、みなさん。僕は、“警視庁の名探偵”と呼ばれている杉下右京です」とあいさつ。続けて、「世間を騒がせた乙部教授襲撃事件、そして、元東都テレビプロデューサー・西村拓三殺害事件、この2つの事件には、表に出ていない事実があります。それは、黒幕の存在。ここで、ズバリお教えしましょう」と語り始めた。

 突然の右京の動画配信に、警視庁内もざわつく。右京は、「この2つの事件の黒幕は、内閣官房長官、武智淑郎。間違いありません。直感しました。ひらめきです」と断言。「名探偵にとって、ひらめきこそ、推理の第一歩。いいですか? ここが、肝心。名探偵のひらめきは、皆さんのような凡人の思いつきとは別物なのです」と語り、「僕は彼を逃がしません。正義の名にかけて」と決意を明かした。

 突然の動画に困惑する薫。しかし、出社した右京は動画について何も語らなかった。この展開にSNS上では、「右京さん、どうしちゃったんだ…?」「右京さん暴露系配信者に?」と戸惑う声が。一方、予告編では「ネットにばらまかれたフェイク動画。真犯人が仕掛けた罠なのか」とアナウンスされており、「動画はディープフェイクだろうね」「誰かが乗っ取った??どうやって??」という反応も。

 また“名探偵”や“凡人”といった言葉が使われていることから、「右京さんじゃないもん。話している内容が」「本人が絶対使わないワードトラップが仕掛けられてる、ということかな?」と考察も行われている。

次のページへ (2/2) 【動画】右京が椅子に腰かけ、動画配信…実際の映像
1 2
あなたの“気になる”を教えてください