“沖縄シンガーの元祖”79歳・仲宗根美樹さん、死因は肺がん…1971年に引退、98年に復帰

歌手・仲宗根美樹(本名・國場勝子=くにば・かつこ)さんが24日午後0時5分、肺がんのため都内の病院で死去していた。79歳だった。29日、日本歌手協会が発表した。27日に東京・代々幡斎場で通夜、28日に告別式を家族葬として執り行った。お別れの会については「検討中」としている。

24日に亡くなっていた仲宗根美樹さん
24日に亡くなっていた仲宗根美樹さん

2枚目シングル『川は流れる』が大ヒット、紅白出場

歌手・仲宗根美樹(本名・國場勝子=くにば・かつこ)さんが24日午後0時5分、肺がんのため都内の病院で死去していた。79歳だった。29日、日本歌手協会が発表した。27日に東京・代々幡斎場で通夜、28日に告別式を家族葬として執り行った。お別れの会については「検討中」としている。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

仲宗根さんは1944年6月23日、東京都生まれ。61年に日本テレビ系『東京物語』に出演し、同番組の挿入歌『愛に生きる』でキングレコードから歌手デビュー。2枚目のシングル『川は流れる』が100万枚超の大ヒットとなり、同年の第3回日本レコード大賞で新人激励賞を受賞。同曲で翌62年の『第13回NHK紅白歌合戦』に初出場した。

両親が沖縄出身ということもあり、『島育ち』『奄美恋しや』『永良部百合の花』『安里屋ユンタ』『てぃんぐさの花』などの島唄、沖縄ソングをヒットさせ、「沖縄シンガーの元祖」としての地位を確立させた。

だが、71年に結婚のために芸能界を引退。その後、実業家の道を歩み、自らが東京・銀座で経営するクラブのママとしても有名だった。98年にはテレビ東京系『年忘れにっぽんの歌』で27年ぶりに歌手復帰。2017年には、テレビ朝日系『徹子の部屋』に出演した。

その後、仲宗根さんは病気がちでステージ、テレビ出演からは遠ざかっていた。また、22年9月に都内の自宅マンションで火災が発生したのを機に長女と生活。その頃から肺気腫をり患し、在宅療養を続けていた。そして、今月20日に肺疾患発作で病院に緊急搬送されていた。

突然の訃報を受け、日本歌手協会の会長で歌手の田辺靖雄は「ただただ驚いています。何しろ華やかな方でした」。歌手・園まりは「もっともっと一緒い歌ったり、しゃべったりして80代を迎えたかったと思います」などとコメントを発表した。

次のページへ (2/2) 【写真】沖縄の民族衣装を着用してマイクを握る在りし日の仲宗根美樹さん
1 2
あなたの“気になる”を教えてください