麻生久美子、ユーミン楽曲のお気に入りは『真夏の夜の夢』 高校時代「カラオケでよく歌った」

俳優の麻生久美子が27日、都内のNHKで行われた夜ドラ『ユーミンストーリーズ』の会見に夏帆、宮崎あおいとともに出席した。

会見に出席した麻生久美子【写真:ENCOUNT編集部】
会見に出席した麻生久美子【写真:ENCOUNT編集部】

オムニバスドラマで宮崎あおい、夏帆と共演「どの年代の曲を聴いても“今っぽい”」

 俳優の麻生久美子が27日、都内のNHKで行われた夜ドラ『ユーミンストーリーズ』の会見に夏帆、宮崎あおいとともに出席した。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 松任谷由実の名曲からインスピレーションを得た短編小説をオムニバスドラマ化し、3週に渡って放送。「青春のリグレット」を綿矢りさ氏、「冬の終わり」を柚木麻子氏、「春よ、来い」を川上弘美氏が担当し、夏帆、麻生久、宮崎がそれぞれ主演を務める。

 オファーがあって「冬の終わり」を改めて聴き直したという麻生。「歌詞の内容として受ける印象は女子高生。女子高生が主役なのかなと思って聴いていました。学生時代の後悔の気持ちを描いているのかと……。だから、まさか(自分が演じる)スーパーで働く女性が主役になるなんて……」と驚いていた。

 ユーミン楽曲は「どの年代の曲を聴いても“今っぽい”。新しさを感じて、まったく古くない。それがとても魅力」と話し、「個人的に好きなのは『真夏の夜の夢』。エキゾチックでノリノリな感じが好き。高校のとき、よくカラオケで歌いましたのでよく覚えている。あと、娘が『やさしさに包まれたなら』を聞いていて、ケータイで出来るカラオケで歌っている。一家でファンです」とエピソードを紹介した。

 また、夏帆はユーミンの楽曲は「いつ知ったのか思い出せないくらい、気がついたら身近になる曲だった。曲を聴いただけでその場の情景や湿度が伝わってくるのがすごい」と紹介。また、自身の母親とドライブしながら「私はユーミンのこの曲が好き」と会話が弾んだそうで「世代を超えてずっと寄り添ってきた音楽。母との会話のなかで、改めてすごいなって感じましたね。個人的には『潮風にちぎれて』がすごく好き」と明かした。

※宮崎あおいの「崎」の正式表記はたつさき

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください