『不適切にも』細かすぎる“昭和ネタ”「若い人知らんでしょ」 缶コーヒーや現国会議員に「爆笑しました」

俳優の阿部サダヲが主演を務めるTBS系連続ドラマ『不適切にもほどがある!』(金曜午後10時)の第5話が23日に放送された。細かすぎる“昭和ネタ”の数々に視聴者から驚きの声が上がっている。

サカエ(左=吉田羊)とムッチ先輩(磯村勇斗)【写真:(C)TBS】
サカエ(左=吉田羊)とムッチ先輩(磯村勇斗)【写真:(C)TBS】

第5話で山城新伍と三原じゅん子が話題に

 俳優の阿部サダヲが主演を務めるTBS系連続ドラマ『不適切にもほどがある!』(金曜午後10時)の第5話が23日に放送された。細かすぎる“昭和ネタ”の数々に視聴者から驚きの声が上がっている。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 同作は、阿部演じる昭和のおじさん・小川市郎が、ひょんなことから1986年から2024年の現代へタイムスリップし、令和では“不適切”なコンプライアンス度外視の発言をさく裂。コンプラで縛られた令和の人々に考えるキッカケを与えていく意識低い系タイムスリップコメディー。

(※以下、ドラマの内容に関する記述があります)

「父親に会ってほしい」と渚(仲里依紗)に連れられた市郎(阿部)は、ホテルのラウンジで犬島ゆずる(古田新太)と対面していた。なぜか市郎のことを「おとうさん」と呼ぶゆずるに対し、“おとうさん”はそっちだとイライラする市郎。そのやり取りを見ていた渚は、市郎に母親との写真を見せるのだった。

 一方、昭和では、サカエ(吉田羊)がひょんなことからキヨシ(坂元愛登)のクラスに不登校の生徒がいることを知る。キヨシも令和では不登校だったと知った純子(河合優実)は、「その子の話し相手になってあげれば」と提案。SNSのない時代にどう連絡を取ったらいいものかと頭を抱えるキヨシだが、昭和ならではの“ある連絡手段”を思いついたのだった。

 毎回おなじみとなっている“昭和ネタ”がこの日もさく裂。市郎とゆずるの会話では、結婚と離婚を繰り返していた山城新伍と花園ひろみが話題にあがると、市郎は「さすがだぜ新伍!」と興奮していた。さらに、三原じゅん子が現在国会議員をしていると聞いた市郎は「うそだ! 『セクシー・ナイト』だよ?」と驚くと、すかさずゆずるが「2007年にコアラ改めハッピーハッピー。と離婚して……」と補足するなど、昭和タレント情報が繰り広げられた。

 さらに、女子大生ブームでモデル仕事を始めた純子とゆずるのディスコ・マハラジャでの出会いも描かれた。また、視聴者が注目したのはサカエとムッチ先輩(磯村勇斗)とのツーリングシーン。2人が手にした、現在では見かけることがなくなった取り外し式のプルタブ缶だった。

“昭和世代”に刺さる小ネタの数々に視聴者からは、「平成産まれと令和産まれが知らない缶コーヒーの開け方」「昭和ネタ満載で爆笑しましたわ」「嫁と2人でちゃんと今タブ取ったよね!?って確認したw」「山城新伍すっきやなwww」「絶妙な小ネタ」「山城新伍と三原じゅんこで爆笑」「山城新伍と花園ひろみってww若い人知らんでしょ(笑)」などの声が上がっていた。

次のページへ (2/2) 【写真】番組に登場した懐かしい缶コーヒー
1 2
あなたの“気になる”を教えてください