男性としてANAグループ勤務、週末はドラァグクイーンに転身 “華麗×異色”経歴持つ女装家の人生

ドラァグクイーン(男性が女装してパフォーマンスをする一種)で、2023年4月から松竹芸能に所属しているタレントのサマンサ・アナンサ。3歳から英語を学び、大学卒業後は航空業界へ。ANAグループOBという華麗なる経歴の持ち主だ。“男性”として勤務しながら、週末はドラァグクイーンとして活動していた。その交友関係は幅広くナジャ・グランディーバ、ミッツ・マングローブ、コシノ三姉妹、大黒摩季など幅広い。いったいどんな人物なのか。本人のこれまでの歩みと大御所たちから学んだことを聞いた。

サマンサ・アナンサの交友関係は幅広い【写真:ENCOUNT編集部】
サマンサ・アナンサの交友関係は幅広い【写真:ENCOUNT編集部】

昨年4月から松竹芸能所属のタレントに転身したサマンサ・アナンサ

 ドラァグクイーン(男性が女装してパフォーマンスをする一種)で、2023年4月から松竹芸能に所属しているタレントのサマンサ・アナンサ。3歳から英語を学び、大学卒業後は航空業界へ。ANAグループOBという華麗なる経歴の持ち主だ。“男性”として勤務しながら、週末はドラァグクイーンとして活動していた。その交友関係は幅広くナジャ・グランディーバ、ミッツ・マングローブ、コシノ三姉妹、大黒摩季など幅広い。いったいどんな人物なのか。本人のこれまでの歩みと大御所たちから学んだことを聞いた。(取材・構成=コティマム)

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 大阪在住のサマンサは、高校時代にドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』のロケ地になった米カリフォルニア州トーランス・ハイスクールに留学した。大学時代の渡米で9.11を経験し、航空業界を目指す。卒業後はANAグループにて“男性”として勤務するかたわら、ゲイコミュニティーに足を踏み入れ、ドラァグクイーンの道も歩んだ。

――インターナショナルプリスクールから国立の小学校へ。幼少期から華麗なる経歴です。

「華麗でもなんでもない! 加齢臭してますよ(笑)。年齢は永遠に『forever21』と言っています」

――社会人になるまでは、“男性”として過ごしていたのでしょうか。

「男の子の格好、男の子の気持ちで生活していましたね。でも、小さい頃に母親の鏡台の口紅を使ったり、スカートをはいたりしていたかな。初恋は女の子。でも、女の子が自分と仲のいい男の子と帰っていると、男の子ではなくて、女の子の方にヤキモチを焼いていました。中学生時代に、男友達と女友達が付き合い始めた時もちょっと複雑だった。どっちにもヤキモチを焼く。それが『思春期の悩み』だったのかも。『なんなんやろ、この感情』って」

――自分でも分からない感覚だったと。

「テレビをつけて『おねえ』の方といったら、美川憲一さんやおすぎとピーコさん。当時は『おかま』と呼ばれていて、子どもながらにカルチャーショックで。『私はおかまになりたいのか? 違うよな』と。その後にニューハーフブームが来た。ひな壇に座るニューハーフさんは美しくてきれい。でも、ダミ声で面白いことを話している。『美しくてきれいやけど、自分は女性として生きていきたいの? ちょっと違う』と、すっごく悩んだの。『自分はなんなんやろ』というのが、分からんかった。『自分の立場は○○』を探す。模索に入ったの」

――アメリカで過ごして何か答えは見つかりましたか。

「アメリカは多民族国家。向こうは、よりセクシャリティーが明文化されていた。そこで『自分ってもしかして、ホモセクシャルってやつなんかな?』と思って、ちょっと安心したの。でも、『いつかは治るもんや』『“いつかは結婚したい。子どもを持ちたい”って思うんやろうな』と考えていました」

――安心しつつも、「治るかも」と。

「日本に戻ってきて、ゲイカルチャーやゲイバー、クラブを知る中で、同じような人たちがたくさんいるわけですよ。社会人になってお店に行ったり、インターネットコミュニティーの『mixi』が流行り出していた頃だったので、そこで悩みを書いて、ゲイ友達も増えていきました。その頃出会ったのがナジャさんです」

――ANAグループに入社した頃ですね。

「当時、ナジャさんはドラァグクイーン界で大人気スター。私は男性として働いていた。ナジャさんのお店にも行ったり、よく遊んでいました。その頃、共通の友達がイベントをすることになって、MCを頼まれたんです。でも、『私が普通に行って、何が面白いんやろ』と思って、ナジャさんに『何したらいいかわからへんねんけど』と相談しました」

――ナジャさんはなんと。

「『好きにしゃべったら』って。でも、『見た目的に普通の格好でMCしても……』と悩んでいたら、『そんなん簡単やん。あんたがドラァグクイーンの格好で行けばいいねん』って。そこからメイクを教わり、“一発もん”としてイベントに行ったんです」

サマンサ・アナンサはANAグループOBという経歴の持ち主【写真:ENCOUNT編集部】
サマンサ・アナンサはANAグループOBという経歴の持ち主【写真:ENCOUNT編集部】

コシノ三姉妹に大黒摩季「レジェンドたちが残してくれる言葉が励み」

 このイベントがきっかけとなり、サマンサはドラァグクイーンのイベントに呼ばれるように。普段は男性として仕事をし、週末だけドラァグクイーンになった。その後、ANAグループを退職するに至った。

「時代も変わって、社内には性自認をオープンにしている世代の子も入ってきました。私はオープンにできない世代で、そのギャップも感じていましたが、ある時、性自認をオープンにしている後輩が、お客さまから『おまえおかまやろ! 気持ち悪い』と理不尽なクレームを受けました。私、『お客さま、今の発言なんなんですか? 謝ってください』って言ったんですよ。『後からクレームが来てもええわ』って。その後、後輩が『先ほどはありがとうございました。先輩にすごく嫌な役割をさせてしまった』と泣いて……。その時に、『自分も実はその気持ち分かるし、実はそっち寄りよ』と言ってあげられたら良かったんですけど、言えなかったんです」

――オープンにできない自分がいたのですね。

「後輩たちや、“自分らしさ”と向き合っている時に、ナジャさんから『明石家さんまさんの番組に出ない?』と誘われました。それはドラァグクイーンが集まる企画でした。今さらオープンにして出演するのも違うし……と悩んでいたら、ナジャさんが、『もう、ええんちゃう? 時代的には』と。『自分らしくって、そんな難しいことじゃないよ』と言われて、退職を決めました。その時は『芸能界で生きていこう』とは思っていなかったけど、『自分らしく生きていこう』と思いました」

――一歩踏み出したのですね。

「そのタイミングで、ファッション界のコシノ三姉妹が、『うちにいろんな仕事あるから、来る?』と声をかけてくださいました」

――コシノ三姉妹となぜ知り合いなのですか。

「ジュンコさんがドラァグクイーンのオートクチュールを作ってくれて、ショーもやってくれていたの。その時にお名刺をいただいて、私はANAの名刺を渡したんです。そしたら、『あなた、ANAにいるの。明日、ちょうど行くのよ』と。次の日に本当に空港で電話がかかってきました。そこからのお付き合いで、三女のミチコさんの『ミチコロンドン』のアンバサダーとして、広報やプレス対応をするようになりました。その後、ブランドディレクターになって、取締役も経験させてもらったんです。会社的にオープンだったから、ナジャさんのラジオやイベントにも出て、芸能方面も関わっていきました」

――芸能活動も始まっていったのですね。

「ナジャさんやミッツさんから、『がっつり芸能でやれば』と松竹芸能を勧められて、ご縁を頂きました。そのタイミングで『ミチコロンドン』の取締役を退任しました」

――交友関係が仕事につながっています。

「実は、ミチコロンドンのユニットでガールズコレクションに登場した時に、歌手の大黒摩季さんに出会いました。意気投合して、摩季姉さんの公開収録のメイキングを手伝ったり、ツアーに出たり、英語の歌詞をサポートしたり。アルバム『PHOENIX』には、制作メンバーとしてサマンサ・アナンサとクレジットも入れてくれました。出会った皆さんが、各界のレジェンド過ぎちゃって。ナジャさんもミッツさんもひとつを極めている。コシノさんもファッション界の巨匠。摩季姉さんもCDのミリオンを出している。それぞれがレジェンド。そういう方からの一言一句がすごく貴重です。私は“華麗な経歴”と言われるけど、『自分はどの分野でもそこまで至れていない』。常にまだまだ、その方々の足元にもおよんでない。ただ、レジェンドたちが残してくれる言葉が励みになっています」

――どんな言葉が印象に残っていますか。

「めっちゃ、ありますよ。摩季姉さんの言葉は、『小さなことは気にしない。すると、大きなことも気にならない』と。その通りだと思いません? コシノジュンコさんは、『過ぎたことは全部ゴミ』って言うんです。『経験や知識が増えるほど、偏った視線で世の中を見てしまいがち。それをいつでも捨てられるようにしておくことが一番大事』と。経験から言えることってあるけど、『それに固執しちゃうと見えなくなっちゃうよ、新しいことが』と教えてくれました。ナジャさんの言葉は、『最初に嫌われたらいいねん』のひとこと。『最初に嫌われて第一印象が悪ければ、最初は下の下でええやん。だって、あとは上っていくだけやから』って」

――古巣のANAとも、交流があったそうですね。

「後輩たちがお偉いさんになって、テレビも見てくれていて、『サマンサ、応援してますよ』って。ANAも多様性の部分でダイバーシティを進めているので、アドバイザーとしてZoom会議に入ったんです。イベントにも登壇して、ANAに里帰りしました。そこで初めて『ANAグループで働いていた』と公言できるようになりました」

――歩んで来たことが、すべてつながっています。

「『私』ってものを周りが引き出してくれる。皆さんのおかげ。でも、『私といえばこれでしょ! 誰にも負けてなくない?』というものはない。今は、『より多くの方に知っていただくために、何でもします』という感覚です。『一歩一歩、積み重ねやな』と思います」

□サマンサ・アナンサ 大阪府在住。3歳から英語に触れ、アメリカンハイスクールを卒業。大学時代に9.11を経験し航空業界をめざし、2003年ANAグループに入社。ゲイコミュニティーの交流から、05年に友人が企画するイベントでMCを務め、ナジャ・グランディーバのアドバイスでドラァグクイーンの活動をスタート。『ミチコロンドン』のアンバサダーや取締役を経験、大黒摩季のツアーやラジオにも出演。23年に松竹芸能に所属し、テレビ番組、ラジオ番組、イベントに出演。

次のページへ (2/2) 【写真】ドラァグクイーンのサマンサ・アナンサとしてANAで里帰り登壇した様子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください