堂本光一、高見沢俊彦の音楽グルメ番組にゲスト出演 史上初の“王子メシ”が実現

KinKi Kidsの堂本光一が3月15日放送の“音と食を融合”させたBS朝日の音楽グルメ番組『高見沢俊彦の美味しい音楽 美しいメシ』(午後10時30分)にゲスト出演することが22日、発表された。

『高見沢俊彦の美味しい音楽 美しいメシ』に出演するKinKi Kidsの堂本光一(左)とTHE ALFEEの高見沢俊彦【写真:(C)BS朝日】
『高見沢俊彦の美味しい音楽 美しいメシ』に出演するKinKi Kidsの堂本光一(左)とTHE ALFEEの高見沢俊彦【写真:(C)BS朝日】

高見沢俊彦は「さすが光一だよ」と堂本のパワーに感嘆

 KinKi Kidsの堂本光一が3月15日放送の“音と食を融合”させたBS朝日の音楽グルメ番組『高見沢俊彦の美味しい音楽 美しいメシ』(午後10時30分)にゲスト出演することが22日、発表された。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

“食の貴公子”THE ALFEEの高見沢俊彦が、最高の音楽と日本各地のうまいものをゲストトークとともにお届けする、“音と食を融合”させた新感覚の音楽グルメ番組。過去2回の特番を経て、昨年10月よりレギュラー放送がスタートした同番組は、THE ALFEE結成50周年を迎える2024年、レギュラー化しておよそ半年の節目を迎える。

 これまでの放送は日本中をツアーで駆け回る幅広い世代のバンドマンが登場し、こだわりの“バンドメシ”を紹介してきたが、3月15日の放送では、昨年CDデビュー25周年を迎え、高見沢とは音楽バラエティー番組で共演する以前から付き合いがあるという堂本がゲスト出演。最近では『Endless SHOCK』や『チャーリーとチョコレート工場』など舞台を中心に活躍する堂本が、自らがチョイスした“王子メシ”を紹介しつつ、旧知の仲の高見沢と日々の食事やオフにまつわるトークを展開する。

 音楽バラエティー番組『堂本兄弟』などで長年共演、実はそれ以前からの付き合いがあるという高見沢と堂本。基本“出されたものはなんでも食べる”と食に対するこだわりはない堂本。それでも氷には強いこだわりがあるようだ。

 さらに「この番組のコンセプトを根底から覆すことを言ってしまいますが……」と前置きしつつ、「自分がしょっちゅう行くお店を紹介しちゃうと行けなくなる、という心配はありません?」と問題提起。これにはさすがの高見沢も「そうなんだよね……」と苦笑い。その中で「かなり迷いながら」選んだという堂本オススメの店を紹介する。

 イカが大好きという堂本。タコも大好きで、寿司は「見た目真っ白でいい」と語る。そんな堂本が最初に紹介したのが、福岡にある活魚料理の老舗店。生きたままのイカをできる限り触れずに素早くさばく「活イカ」が有名だが、さすがに東京にまで持ってくるのは不可能……ということで、今回はお取り寄せも可能だというイカしゅうまいを試食することに。絶品イカしゅうまいに舌鼓を打ちつつ、コロナ期間中の公演先のホテルで味わったという堂本ならではのエピソードを披露する。

 続いて、インパクト抜群の名古屋のシャトーブリアンや、岐阜の人気餃子店の餃子を紹介。この餃子店には営業前から列ができ、なんと開店時間の午後5時を前に整理券が売り切れになってしまうこともあるとか。予約もテイクアウトもできないお店の絶品餃子ということで、今回は店主が堂本のために岐阜から上京。しかも材料から持ち込みスタジオで調理して提供という、番組史上初の王子メシが実現する。

 これには高見沢も驚愕(きょうがく)。「さすが光一だよ」と堂本のパワーに感嘆するが、当の堂本もただただ驚きといった表情に。そして、作りたての餃子を一口味わった瞬間、高見沢は「おいしい」と絶叫。堂本も「やっぱりうまいわ、先輩相手にタメ語になってしまうほど」と声を上げた。

 スタジオには店主も登場し、餃子トークで盛り上がる。そのほか、“プリンス・オブ・スイーツ”の高見沢が、堂本に食べてほしいというスイーツを紹介。普段あまりお菓子は食べないという堂本が「これはおいしい」とうなった、高見沢が高校時代から好きだというレジェンド的スイーツが登場する。

堂本光一と高見沢俊彦のコメント全文

――堂本光一さんとの収録を終えた今の感想は。

高見沢「光一くんが来てくれるというとテンションが上がりますよね。ちゃんと笑ってくれるんだろうか、とか、ちゃんと食べてくれるんだろうか、とかね、そういうところでテンションが上がります(笑)。光一くんとはかなり長い付き合いになるので」

堂本「そうですね、出会いからのトータルで言うと30年近く……」

高見沢「そう、30年近くなるのかな。変な意味でなく、もう弟みたいな感じです」

――堂本さんはいかがですか。

堂本「高見沢さんはもちろん、スタッフの方も顔見知りの方が多かったので、構えることなく出来るなと思って出演させていただきました。ホームみたいな感覚で、番組を盛り上げようとか、そういう意識はなく、いつもの感覚で高見沢さんとお話ができればと思っていましたが、結果、楽しかったです」

――高見沢さんご自身もツアーでおいしいものを食べたい、という思いが強いですか。

高見沢「それはありますね。若い時は3人一緒に動いていたんですけど、古希間近になると、みんなそれぞれ体調が違ってくるので(笑)。だから寝るやつ、食うやつ、飲むやつ、と三者三様になるんです。その中で僕は食べる専門でやっています」

――番組のテーマがバンドメシと知ったときはどう思われましたか。

堂本「番組の中でも言ったんですけど、本当に自分がよく行っているお店は教えたくないなと思って(笑)」

高見沢「それはそうだよなー」

堂本「ええ、それですごく悩みました、どのお店を紹介しようかなと。でも、今日のメニュー、おいしかったですよね?」

高見沢「おいしかったよー。あの餃子、たまんないよ。まさか店主さんが東京に来て朝から作ってくれるとは思わなかった。しかもお店を休んでだよ。これはもう光一パワーだよ。大変なことですよ。おかげで美味しいものが食べられました」

――番組にとっても画期的な回になりましたね。

高見沢「これはすごいね。今後、どれだけ呼べるかだよね(笑)」

堂本「店主さんを呼ぶことがあるかどうか、ですか?(笑)」

高見沢「多分これが最初で最後になるんじゃないか(笑)」

堂本「えー、ホントですか。でも、ぜんぜん僕のパワーじゃないですよ。いろいろなことが作用して願いがかなったというだけで」

高見沢「でも、店主さんは光一のためにと言っていたよ。間違いないよ、正直な話だと思うよ。まっすぐ前を向いて言っていたもの」

堂本「うれしいですね」

高見沢「ほんとにうれしいです」

堂本「高見沢さんに知ってもらいたいとか、共感してほしいなという思いでお店、食事を選んだので、高見沢さんが共感してくださったのは本当にうれしいです」

――長い付き合いがあってこそですね。

堂本「そうですね、プライベートでも高見沢さんに食事に連れて行っていただいたりしていたので。そういう意味では番組を通してですけど、逆に高見沢さんに美味しいお店を教えてあげることが出来ました。これは今までになかったことなので」

――お二人の関係はどういった感じですか。

堂本「大先輩に対して失礼になるかもしれませんですが、なんとなくリズムとか考え方とかで同じ部分があるのかな、という気がしております」

高見沢「そうですね、波長が合うというか、リズム感が合っている感じがするね。ただ、昔にKinKiたちとは25歳も歳が離れているのか、ということは二人が45歳の時には俺は70歳? そんなバカなと思っていたんだよ。そこまではやっていないだろうと。でも、こうしてやっているんだね(笑)。面白いなー」

――プリンス・オブ・スイーツの高見沢さんが堂本さんに称号を与えるとしたら。

高見沢「プリンス・オブ…、いや、キングだよね、店主さんを呼び出すぐらいだから(笑)」

堂本「やっとキングになれました(笑)」

――今回実現しませんでしたが、お二人のセッションの可能性は。

高見沢「セッションね、これはもう光一次第だよ」

堂本「いやいや、基本僕の方でのNGはないので(笑)」

次のページへ (2/2) 【写真】堂本光一と高見沢俊彦の別カット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください