若葉竜也、出演映画の“狂気”に興味 監督との対面で「かしこすぎて狂っちゃったんだ」

俳優の若葉竜也が19日、都内で行われた映画『ペナルティループ』(3月22日公開)完成披露上映会に出席した。当日は、共演者の伊勢谷友介、山下リオ、ジン・デヨン、同作監督の荒木伸二も登場。登壇者たちは同作をアピールした。

イベントに登壇した若葉竜也【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登壇した若葉竜也【写真:ENCOUNT編集部】

「脚本が届いたときになんのこっちゃ分からなかった」と振り返る

 俳優の若葉竜也が19日、都内で行われた映画『ペナルティループ』(3月22日公開)完成披露上映会に出席した。当日は、共演者の伊勢谷友介、山下リオ、ジン・デヨン、同作監督の荒木伸二も登場。登壇者たちは同作をアピールした。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 同作はオリジナル脚本のタイムループサスペンス。最愛の恋人の唯(山下)を素性不明の男・溝口(伊勢谷)に殺された岩森(若葉)は、自らの手で犯人に復讐(ふくしゅう)することを決意。綿密な計画を立て、完璧に復讐を実行したはずだった。しかし、翌朝目覚めると、周囲の様子は昨日のまま。自らが選んだはずの復讐のループは否応なく繰り返される。

 MCからオファーが来たときの印象を聞かれた若葉は「ちょうどコロナとかいろんな世界情勢などいろんなものが飛び込んでいる時期で、自分の中では怒りとか破壊衝動などがたまっている時期でした。また、俳優さんやタレントさんたちが揚げ足を取られていた時期で、世界が保守的になっている空気があって、もやもやとしていました。そんなときに、マネジャーがこの台本を持ってきてくれました。こんなにめちゃくちゃな映画を作りませんかと手を差し伸べられた気がしましたね」と振り返った。

 また、脚本開発にも参加した若葉は「脚本が届いたときになんのこっちゃ分からないというか。何を書いてあるんだろうというか、これを書いた人に会いたいなという興味が湧きましたね。監督と会ったときにすごく知的に感じました。かしこすぎて狂っちゃったんだと思いました」と笑いを交えながら、監督の印象を語った。

 同作はアルメニア、エストニア、ベラルーシなどの東欧地域15か国での公開も決定。若葉は「この台本を着手したときからワールドワイドに展開することを監督やプロデューサーとも密に話していました。セリフを極限まで減らそうというところからスタートしています。これだけ娯楽があふれかえった2024年。俺は何を見たんだろうと思わせる作品を作ったと思っています。うそみたいな悪いことをしてしまったら殺してもいい。これは魔女狩りだなと思っていて、その心のままでは日本としてもダメだなと思っています」と持論を明かしつつ、同作をアピールした。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください