福山雅治&仲里依紗が地元凱旋、2万6000人が大歓声 観覧応募数は過去最大の17万人超

俳優の福山雅治、仲里依紗が17日、長崎県で4年ぶりのフル開催となる『2024長崎ランタンフェスティバル 皇帝パレード特別版』に皇帝役・皇后役として登場した。

パレードに参加した福山雅治(左)と仲里依紗
パレードに参加した福山雅治(左)と仲里依紗

約1.3キロを1時間30分かけてパレード

 俳優の福山雅治、仲里依紗が17日、長崎県で4年ぶりのフル開催となる『2024長崎ランタンフェスティバル 皇帝パレード特別版』に皇帝役・皇后役として登場した。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

「長崎ランタンフェスティバル」に感銘を受け、「このイベントをもっと日本中の方々に知っていただきたい」という福山本人の熱い想いから実現した今回の皇帝役だが、皇后役の仲へはなんと福山自らオファー。地元を盛り上げ、文化を発信したいという2人の想いから今回の地元凱旋となった。

 今回の為にデザイン・製作された皇帝・皇后衣装はドラマ『パリピ孔明』(フジテレビ系)の衣装も手掛けたスタイリストBabymix氏の特別製で、皇帝衣装は福山が着込むと2メートル以上になる絢爛豪華な衣装だ。

 そんな衣装で登場した皇帝・福山の「帰って来たばい! 長崎!」の一言に沿道の観客からは割れんばかりの大歓声。皇后・仲も「私は東京に出て20年なんですけど、ひさしぶりのランタンフェスティバルということで、すごく私自身もとても楽しみにして帰ってきました」と観客にあいさつしパレードはスタートした。

「皇帝パレード」の観覧応募数としては過去最大となる17万人を超える応募となった今回の「皇帝パレード特別版」。雲一つない晴天に恵まれたこの日、長崎市・出島(国指定史跡)から出島メッセ長崎の約1.3キロを、皇帝・福山、皇后・仲が神輿に乗り1時間30分かけてパレード。

 沿道の観覧エリアには当選した2万6000人の観客に加え、多くの地元の方や観光客が駆け付け、パレードの道中は人で埋め尽くされ、地元出身の皇帝と皇后を大歓声で出迎えた。1995年から続く皇帝パレードで観覧エリアや人数制限が行われるのは初めてとのこと。

 パレード後に行ったイベントで、福山は「長崎という街は、これから大きく変化し、新たに始まっていくと言われています。そして、ランタンフェスティバルも100年続く祭りにしたいという熱い思いがあります」「10月にはスタジアムシティも始まります。長崎が大きく前進していくきっかけになると思います。新しいものができることで、昔の景色がなくなってさみしくなるのかなと思っていたんですが、新しいものの輝きが、これまでの過去の歴史を照らすのではないか、より奥深い長崎になっていくんじゃないかと思っています」と語った。

 オススメの場所を聞かれた仲は「アミュプラザ長崎ですかね。スペシャルアンバサダーもやらせていただいているので。アミュプラザの新館、食のエリアもオープンし、とってもおススメなのでみなさんぜひ行ってみてください。『プリクラ撮りにいったな』とか私の小さい時の思い出の場所でもあるので(笑)」と語り、「出身を聞かれて『長崎出身です』と答えると、みなさんが持っている長崎の思い出や印象がとても良くて、私も胸を張って長崎出身ですって言えるんです。帰ってきたいなって思える場所、自慢できるふるさと。長崎を盛り上げるために、私にどんなことができるだろうって、少しでも力になれたらいいなと思って仕事を頑張ってます」と長崎の魅力について語った。

 最後に福山が「今度は音楽で帰ってきてもよろしいでしょうか。すぐに戻ってまいります。また長崎でお会いしましょう、今日は本当にありがとうございました」と締め、「皇帝パレード特別版」は大盛況のうちに終了した。

次のページへ (2/2) 【写真】福山雅治&仲里依紗 皇帝パレードの様子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください