広瀬すず、ベロア素材のドレス姿で笑み 女優助演賞を受賞「うれしく思います」

俳優の広瀬すずが14日、都内で行われた、「第77回毎日映画コンクール」の表彰式に出席した。映画『キリエのうた』での熱演が評価され、女優助演賞を受賞した。

表彰式に出席した広瀬すず【写真:山口比佐夫】
表彰式に出席した広瀬すず【写真:山口比佐夫】

映画『キリエのうた』での熱演が評価され、女優助演賞を受賞

 俳優の広瀬すずが14日、都内で行われた、「第77回毎日映画コンクール」の表彰式に出席した。映画『キリエのうた』での熱演が評価され、女優助演賞を受賞した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 毎日映画コンクールは1946年に創立された映画賞で、映画・作品だけではなく撮影や美術、録音のスタッフ、日本映画を代表する名女優・田中絹代の名を冠する賞など、幅広い部門を設けているのが特徴となっている。

 各賞は、第一線で活躍中の映画評論家やジャーナリスト、専門家など約70人が選考に関わる。対象作品は2023年1月1日から12月31日までに国内14日以上、有料で劇場公開された作品。なお、アニメーションおよびドキュメンタリー部門は、同期間に完成もしくは上映された作品が対象となる。表彰式の司会は生島ヒロシ、武藤十夢らが務めた。俳優部門の受賞者にはトロフィーと高級スーツケースが贈られた。

 アイナ・ジ・エンド主演の岩井俊二監督の最新作。広瀬は、さまざまな色のウィッグを変装するように付け替えながら東京の夜を彷徨う若い女性・一条逸子役を演じた。

 ベロア素材のドレス姿で登壇した広瀬は「すてきな賞をいただきうれしく思います」と喜んだ。

 ステージには岩井監督も祝福にかけつけ、花束を贈った。難しい役どころを演じた広瀬に「すてきに演じていただきました」と感謝を伝えていた。

第78回毎日映画コンクール 表彰式登壇一覧

日本映画大賞:「せかいのおきく」(阪本順治監督)

日本映画優秀賞:「ほかげ」(塚本晋也監督)

外国映画ベストワン賞:「TAR/ター」(トッド・フィールド監督)

男優主演賞:鈴木亮平「エゴイスト」

女優主演賞:杉咲花「市子」

男優助演賞:宮沢氷魚「エゴイスト」

女優助演賞:広瀬すず「キリエのうた」

スポニチグランプリ新人賞(男性):アフロ「さよなら ほやマン」

スポニチグランプル新人賞(女性):サリngROCK「BAD LANDS バッド・ランズ」

監督賞:石井裕也「月」

脚本賞:阪本順治「せかいのおきく」

撮影賞:鎌苅洋一「月」

美術賞:上條安里「ゴジラ-1.0」

音楽賞:ジム・オルーク「658km、陽子の旅」

録音賞:志満順一「せかいのおきく」

アニメーション映画賞:「アリスとテレスのまぼろし工場」(岡田麿里監督)

大藤信郎賞:「君たちはどう生きるか」(宮崎駿監督)

ドキュメンタリー映画賞:「『生きる』大川小学校 津波裁判を闘った人たち」(寺田和弘監督)

TSUTAYA DISCAS映画ファン賞・日本映画部門:「劇場版 美しい彼~eternal~」(萩原利久、八木勇征)

TSUTAYA DISCAS映画ファン賞・外国映画部門:「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」(ダニエル・クワン ダニエル・シャイナート監督)

田中絹代賞:薬師丸ひろ子

特別賞:鈴木敏夫(スタジオジブリ プロデューサー)

次のページへ (2/2) 【写真】広瀬すずの全身ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください