新体制のSPYAIRが「THE FIRST TAKE」出演 新ボーカルは緊張も「やったらやったで楽しかった」

4人組ロックバンドのSPYAIRがYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」第404回に出演することが9日、発表された。

『現状ディストラクション』をパフォーマンスするSPYAIR
『現状ディストラクション』をパフォーマンスするSPYAIR

23年4月に新ボーカルにYOSUKEが加入

 4人組ロックバンドのSPYAIRがYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」第404回に出演することが9日、発表された。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。今回SPYAIRが披露するのは、2013年に公開された『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の主題歌として話題となり、当時のBillboard JAPAN Hot Animation(13/7/15付)で1位を獲得したヒットナンバー『現状ディストラクション』。

 新体制になってからはメディア初披露となる本楽曲を、ライブさながらの迫力ある一発撮りにてパフォーマンスする。昨年加入した新ボーカルのYOSUKEは「初めての『THE FIRST TAKE』、緊張しましたがやったらやったで楽しかったです」と感想を述べた。

 SPYAIRは05年にオリジナルメンバーで結成。10年のメジャーデビュー以降、積極的なリリースと圧倒的なライブパフォーマンスで人気を博してきた。23年4月に新ボーカルにYOSUKEが加入、現体制となった。

次のページへ (2/2) 【動画】YOSUKEの実際の様子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください