雪が解けて気付いた愛車の“異常事態” ルーフがへこんで…悲劇にSNS「これは辛いですね」

今月5日から6日にかけて関東甲信で降った大雪で、愛車に起きた異常事態。天井のルーフ部分が、(建物の)屋根から落ちた雪によってへこんでしまったのだ。愛車インプレッサが悲劇に見舞われたオーナーに話を聞いた。

大雪の影響で愛車に悲劇が【写真:オーナー提供】
大雪の影響で愛車に悲劇が【写真:オーナー提供】

問題が起きたら自分で修復してきたインプレッサ

 今月5日から6日にかけて関東甲信で降った大雪で、愛車に起きた異常事態。天井のルーフ部分が、(建物の)屋根から落ちた雪によってへこんでしまったのだ。愛車インプレッサが悲劇に見舞われたオーナーに話を聞いた。

超高級車だらけで豪華絢爛…“平成の怪物”の愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

「雪が解けて気付いた…
塗装は出来るけど、凹みがなぁ…
車内から天井を押せば、戻るかなぁ…」

 SNSに状況を報告した関東地方のオーナー。愛車はSUBARUインプレッサ(GF-GC8)だ。8日朝、「ルーフ上の雪が解けていたことにより発覚致しました」。天井部分が大きくくぼみ、一部に亀裂が入ってしまった。

 緊急事態に、ネット上では「これは辛いですね… お気持ち察します」「これはえぐい」「こんなになるんですね…」「自分の車も雪で凹んだ経験があります」といった反響が寄せられている。また、修復方法のアドバイスも届いている。

 業者オークションで購入してから、古い車のため問題が発生したら勉強し、自分で修復してきた大事な愛車だ。今後についてはまず自ら修復を試みるといい、「自分で直せるようでしたら、自分で修復予定です」。“プランB”も用意しているそうで、「不可能でしたら、カーボンルーフに換装(取り換え)を考えております」と話している。

次のページへ (2/2) 【写真】実際のへこんだ車体
1 2
あなたの“気になる”を教えてください