Netflix初進出の大根仁監督、率直な質問ぶつける「ピエール瀧さんはNetflixの専属俳優ですか?」

大根仁監督が8日、都内で行われたNetflixラインナップ発表イベント「Next on Netflix 2024」に出席した。Netflixシリーズ『地面師たち』の脚本・監督を務めると正式発表された。

ラインナップ発表イベント「Next on Netflix 2024」を実施
ラインナップ発表イベント「Next on Netflix 2024」を実施

コメディー番組『トークサバイバー!』のシーズン3も制作決定

 大根仁監督が8日、都内で行われたNetflixラインナップ発表イベント「Next on Netflix 2024」に出席した。Netflixシリーズ『地面師たち』の脚本・監督を務めると正式発表された。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 テレビやドラマ、舞台などで幅広く活躍してきた大根。Netflix初作品となる『地面師たち』は、新庄耕の同名小説が原作。不動産売買を餌に巨額の金を騙し取る詐欺集団「地面師」による前代未聞の事件を描くクライムノベル。W主演は豊川悦司(ハリソン山中役)、綾野剛(拓海役)。2024年中にNetflixにて世界独占配信。

 大根は、Netflixとの初の取り組みについて「これまでテレビドラマや映画と違う部分は、おだてるわけじゃないですけど、まず監督とか演出とかにおける自由度が、それらのメディアと比べるとやっぱり高い。企画においても、制作環境においてもそう。あとは労働時間などにすごく気を遣って頂いている。現場重視。スタッフ重視がということがありがたい。『やっぱり当たり前にこうじゃないといけないよな』ということに気づきました。ドラマとか映画とかディスってるわけじゃないですよ(笑)」と話した。

 綾野とも「今回初めて仕事する」。「もちろん存在はずっと知っていて、意識していた。若いときからオーラのある役者だと思っていた。それからキャリアを年齢を重ねることによって、深みというか、喜怒哀楽の表現のその先、なんとも言葉で言い表せない表情や心情を演じられるようになってきたな、とちょっと偉そうですけど(笑)、思っていた」と明かした。

大根仁監督がNetflixシリーズ『地面師たち』の脚本・監督を務めると正式発表された
大根仁監督がNetflixシリーズ『地面師たち』の脚本・監督を務めると正式発表された

 同作のモチーフになった事件の舞台が「自分の仕事場のすぐ近くだった」ため興味を持っていたところ、本屋で原作小説を見つけて「1日で読み終わった」。無我夢中のまま自ら出版社に連絡して『映像化権はどうなっているのか?』と担当者に問い合わせた。その時にもうすでにいくつか来てたのかな、それで僕も『エントリーさせてください』という形で、愛のこもった企画書と、映像化においてはこういった作品にしたいということをしたためて出版社に持ち込んだ」。媒体にNetflixを選んたことについて「僕の中で一番イケている」とヨイショ。コンタクトを取り、その後の制作につながったと語った。

 トークセッションでは、賀来賢人主演『忍びの家 House of Ninjas』のデイヴ・ボイル監督が同席。大根は同作にピエール瀧が出演していることに触れて ピエール瀧さんはNetflixの専属俳優ですか?」と発言して会場の笑いを誘う一幕も。「仲いいんで、いつかは(ピエール瀧の起用を)、と思っています」とほのめかした。

 同イベントには、有村架純と坂口健太郎がW主演を務めるNetflixシリーズ『さよならのつづき』の脚本家・岡田惠和氏。コメディーシリーズ『トークサバイバー!~トークが面白いと生き残れるドラマ~』シーズン3、リアリティーシリーズ『あいの里』シーズン2を制作することが初発表された。

次のページへ (2/2) 【写真】Netflixラインナップ発表イベントに出席したMEGUMIの全身ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください