水曜日のカンパネラ、『婚活1000本ノック』主題歌の新曲MV初公開 全編アニメーション

音楽ユニット・水曜日のカンパネラの新曲『幽霊と作家』のミュージックビデオが、7日に公開された。

水曜日のカンパネラの詩羽
水曜日のカンパネラの詩羽

監督「少し陰ったダークな部分も垣間見えるような世界観」

 音楽ユニット・水曜日のカンパネラの新曲『幽霊と作家』のミュージックビデオが、7日に公開された。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 同曲は、1月17日から放送中のフジテレビ系連続ドラマ『婚活1000本ノック』(水曜午後10時)の主題歌。今回が初のドラマ主題歌となる。同ドラマは、3時のヒロイン・福田麻貴が演じる売れない小説家・南綾子(みなみ・あやこ)が、パートナーを求めて日々奮闘する婚活コメディードラマ。FANTASTICSの八木勇征が幽霊・山田として登場し、綾子とバディを組む。

『幽霊と作家』は、ドラマのためにプロデューサーのケンモチヒデフミが書き下ろした。ドラマのストーリーに寄り添いつつ、壮大さや多幸感をキーワードにサウンドとなっている。公開されたミュージックビデオで監督を務めたのは、クリエイティブチーム『RIBBON』のMana InoueとAyana Inoue。楽曲の世界観をCGアニメーションで表現し、ポップさ全開に仕上がっている。

 Mana InoueとAyana Inoueは世界観について、「幸せを見つける手助けをしてくれる幽霊と共に、さまざまな幸せの形に触れながら、自身にとっての幸せを探し続ける。そんなストーリーを描く作家の現実と頭の中を表現したミュージックビデオになります」と説明。「一見、多幸感溢れる華やかでキラキラした世界。その中に、主人公の心の葛藤や悩みなどを表した、少し陰ったダークな部分も垣間見えるような世界観を作りました」とコメントしている。

 また、「原作のストーリーに水曜日のカンパネラさんの言葉で寄り添われたリリックなので、ミュージックビデオも私たちなりにストレートに表現させていただきました。ドラマと楽曲と併せて楽しんでいただけますと幸いです」と呼びかけている。

次のページへ (2/2) 【写真】新曲『幽霊と作家』のサムネイル
1 2
あなたの“気になる”を教えてください