森雪之丞、ロックを作ってきた仲間の旅立ちに「自分も気弱になっていた」 48年の作詞家人生も回顧

作詞家の森雪之丞が25日、都内で自選詩集『感情の配線』(アミューズ)の発売記念イベントを開催。俳優の猪塚健太、声優の牧野由依、礒部花凜もゲスト出演した。

発売記念イベントに登壇した森雪之丞【写真:ENCOUNT編集部】
発売記念イベントに登壇した森雪之丞【写真:ENCOUNT編集部】

自選詩集『感情の配線』の発売記念イベント

 作詞家の森雪之丞が25日、都内で自選詩集『感情の配線』(アミューズ)の発売記念イベントを開催。俳優の猪塚健太、声優の牧野由依、礒部花凜もゲスト出演した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 同書は、布袋寅泰、hide、氷室京介、氷川きよしなど多くのアーティストからの支持に加え、アニメソングや舞台・ミュージカルの世界でも活躍し、手がけた歌詞は2700曲を超える森氏が、70歳の節目に発売した自選詩集で、森自身がこれまでに発売した5冊の詩集から厳選したものに加え、図形詩と戯曲詩が書籍初収録されている。

 出版するにあたっての思いを聞かれた森は、自身が70歳になったことに驚いたことを明かし「去年、一緒にロックを作ってきた仲間たちが天国へ行ってしまって、自分も気弱になっていたんですけど、1月(14日)に70歳になったときに、ロンドン帰ってる布袋寅泰にLINEで“そろそろ終活かな”って打ったら、終活の変換を間違えて“就活”になってしまって、これはもうちょっとやれということだなという気持ちで、70歳の自分に喝を入れるつもりで、今まで書いた作品を集めた詩集を出しました」と吐露した。

 また、これまでの48年間の活動を振り返り、印象に残っていることを尋ねられると「自分的に大きかったのは、布袋寅泰と出会って1番書きたかったロックの詞を彼に託せたことで、70~80年代のアイドルポップはチャートがメインで、ベストテンでしのぎを削らないといけない世界でしたが、アニソンは自由で僕にとっては水が合って、面白いアイディアを形にしてくれた世界で、そこにいれたことも自分にとって大きなことでしたし、今は20年くらい舞台の仕事をしていますが、みなさんがミュージカルを愛してくださるようになって、それも嬉しく思っています」と回顧。

 具体的に“自信作”を追求されると「『CHA-LA HEAD-CHA-LA』は僕だからあんなとんでもないものを書けたかなと思いますし、『CHA-LA HEAD-CHA-LA』の英語的な日本語をどうロックのリズムに乗せるかというのがテーマで、悟空の破天荒なものとうまく描けたんじゃないかなと思います」と胸を張り、「ロックは布袋寅泰の『POISON』とか『バンビーナ』は僕にとっての自信作ですし、ポップスでいうとシブがき隊ですかね(笑)。その当時のアイドル用語辞典には絶対載っていないであろ『ジタバタするなよ』とか『世紀末が来るぜ』をアイドルに歌ってもらうことを意図的に心がけたので、雪之丞という変わった名前をつけてしまった自分に課した1つの使命としては意味があったのかなと思います」と感慨深げに語った。

 そして、今後の抱負について森は「ミュージカルはオリジナルで5本立ち上げたんですけど、作ろうと思って実際に公演されるまでだいたい4年かかるので、自分の歳を考えるともう1本かなと思うので、最後に画期的なミュージカルを1本作りたいなと思いますし、小さな詩人としては新しい詩集もやっていきたいと思います」と意味込み、「体が保つ限り、よりグレードの高いものを作っていけたらと思います」と言葉に力を込めた。

次のページへ (2/2) 【写真】イベントに同席した猪塚健太&礒部花凜らの集合ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください