オカダの新日本退団に王道マットお家騒動の黒幕疑惑 渦中の人物が弁明「困っている。俺は関係ない」

プロレス界に激震が走った。19日、新日本プロレスが公式サイトを通じ、オカダ・カズチカが1月末で退団することを発表したのだ。また、“王道”全日本プロレスも揺れている。16日には諏訪魔取締役が「全日本乗っ取り」まで口にし、お家騒動が起こっていることを明かす事態に。いったいどうなっているのか……。今回はこれらに関して渦中にある男を国際電話で直撃。真偽を聞いた。

三冠王者・中嶋勝彦を操っているとされる白覆面の男
三冠王者・中嶋勝彦を操っているとされる白覆面の男

WWE日本担当アドバイザーのサイモン・ケリー氏

 プロレス界に激震が走った。19日、新日本プロレスが公式サイトを通じ、オカダ・カズチカが1月末で退団することを発表したのだ。また、“王道”全日本プロレスも揺れている。16日には諏訪魔取締役が「全日本乗っ取り」まで口にし、お家騒動が起こっていることを明かす事態に。いったいどうなっているのか……。今回はこれらに関して渦中にある男を国際電話で直撃。真偽を聞いた。(取材・文=“Show”大谷泰顕)

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

「ホント困っているんですよ。SNSを開けば、『黒幕はサイモン』みたいな話がちょくちょく目に飛び込んでくるし、実際に『お前が黒幕なのか』って問合せが何件も来ているし…」

 元新日本プロレスの社長で、現在はWWE日本担当アドバイザーのサイモン・ケリー氏がそう言った。サイモン氏は大みそかに開催された全日本の代々木大会に、WWE・NXTのチャーリー・デンプシーを招へいするため、両団体の橋渡し役を務めた。

 しかしサイモン氏が出入りしはじめるのと時を同じくして福田剛紀社長の迷走がはじまり、退団者が続出。そしてお家騒動が発覚した。そもそも中嶋がいきなり「闘魂スタイル」と口にし、昨年大みそかには、アントニオ猪木の象徴でもある赤い闘魂タオルを首に巻きながら入場。王座を防衛したかと思うと、これも猪木の象徴だった「1、2、3、ダー!」で大会を締めたのだから、“闘魂”と対をなす“王道”マットにおいては御法度中の御法度を冒したことになる。

 さらに中嶋は、年明けの後楽園大会終了後、今度は「他社からの引き抜き、そしてクーデターが…」と謎のマイクアピールで場内を騒然とさせた。

 この流れを受けて、16日に新宿FACEで開催された「Sareee-ISM-Chapter3-」に現れたサイモン氏を各社が直撃した結果、翌17日売りの『東京スポーツ』誌では、サイモン氏が裏一面にデカデカと掲載されることに。それだけサイモン氏の動向は注視されている。しかしながら当のサイモン氏は「俺的には迷惑ですね」と話したが、全日本の話の前に、まずオカダ・カズチカの新日本退団に関して水を向けると、「その件に俺は関わってないですよ」とコメントした。

 オカダは2007年から新日本に参戦し、2011年末からは「レインメーカー(カネの雨を降らせる)」と豪語。エースとして新日本をけん引してきたが、今後は米国マットへの挑戦、つまり世界最大のプロレス団体WWE、もしくはAEWへの参戦が予想されている。

 これについてもサイモン氏は「日本とWWEの案件に関しては大抵は関わるけど、その件に関してはとくに何も言われていないですね。まあ、日本とWWEに関して動いている人は他にもいるから……」と関与を否定した。

矢地祐介以来の白覆面が登場

 ならばと王道マットを揺るがす黒幕疑惑について問いただすと、「もし俺がお家騒動の黒幕だとして、裏から中嶋選手なり全日本をあやつっているとしたら、今出ているような、あんなしょっぱいマッチメイクはしないし、もうちょっと派手になことをしますよ」と話しながら、「でも、自分は表に出られない人間じゃないし、裏に隠れる必要はないから、メディアの人たちが勝手に書くのはいいとしても、ホントに(黒幕は)俺じゃないんですよ」と、こちらも疑惑を否定した。

 それでも「知らない仲ではないから」と、いきなり路線変更で「闘魂スタイル」を口にしはじめた、中嶋について力説する。

「大みそかの試合、中嶋選手は新間寿さんにセコンドに付いてもらったんです。新間さんはアントニオ猪木さんの全盛期に“過激な仕掛け人”と呼ばれた人物。猪木VSモハメッド・アリ戦(1976年6月26日、日本武道館)だって、新間さんがいなければ実現できなかった。そんなこともあって、中嶋選手は『アリ・ボンバイエ』で入場したし、勝った後に、『1、2、3、ダー!』までやっちゃった。そしたら全日本の会場に、猪木さんの入場テーマ曲『炎のファイター』が流れた。もちろん、全日本のファンからしたら『ふざけるな!』なんですけど、業界的には前代未聞のことをやっているんです。実際、『闘魂』でも『ストロングスタイル』でもない『闘魂スタイル』というやり方を用いることで、全日本が盛り上がっているじゃないですか」

 しかも今回の黒幕疑惑は、18日にさらなる展開を見せる。その日の午後6時36分、中嶋のXに、まさかの白覆面が登場。しかも白覆面の男は中嶋と2人で水道橋にある旧闘魂ショップの前や、川沿いの石畳を歩きつつ、白覆面(※サイモン氏が裏一面になった『東京スポーツ』誌を手にしている)が「1・27は石と川だね?」と訊(たず)ねると、「はい!」(中島)と答えてその場を立ち去っていく、わずか40秒ほどの動画を公開したのだ(現在、30万回ほどのインプレッション数を上げている)。

 ちなみに白覆面とは、引退後のアントニオ猪木に縁の深いマスクマンとして知られているが、白覆面がマット界の表舞台に登場したのは、『INOKI BOM-BA-YE×巌流島』(2022年12月28日、両国国技館)の際、矢地祐介がこれを被って会見に登場して以来のこと。今回、唐突ながらなぜ白覆面が登場したのか。現段階でその狙いはまったく分からないが、白覆面が登場したことで、俄然、「闘魂スタイル」への興味が増したことは事実だろう。これに関してもサイモン氏は「誰ですかね、あれ。問合せが来てますよ、それも。俺じゃないって言っているのに……」と知らん顔を決め込む。

「闘魂」を思わせる中嶋、Sareee、中島安里紗

 だが、白覆面に関してはSNS上で、サイモン氏と同じ服を着ている写真を並べて、正体を特定しようとする“正体探し”にも注目が集まっている。この動きにサイモン氏は、「日本でアメリカサイズのままでアメリカブランドを売っている店は本当に少ないしかぎられている。そしたら同じデザインの服を買っていても不思議じゃないでしょう。でも今回の白覆面は、俺よりワンサイズくらいデカそうですけどね」と、やはり疑惑を否定した。

 実はサイモン氏は、かつてアントニオ猪木を義理の父に持つ、誰よりも深い関係性を持っていた。そのサイモン氏から見て、もしアントニオ猪木が中嶋の活躍を見たらどんな反応を示すと思うのか。

「たぶん猪木さんなら、『俺の名前を上手く使えよ。盛り上がればなんでもいい(多少のことは目をつぶるの意)』って言うと思います。猪木信者からすれば、『猪木のコピーじゃねえか』とか『そもそも中嶋は猪木と関係ない』とかいろいろ文句を言いたいこともあるかもしれないけど、俺からしてみると、彼が渦をつくって、これだけ興味を持ってもらっている。実際に全日本のチケット収入も伸びていると聞きました。そうやって結果が出ているのであれば、猪木さんなら『もっとやれ』って言うと思う」

 要は、中嶋の方法は間違っていないのでは、というのがサイモン氏の考え方だ。

「それと、もし中嶋選手がいなかったら『闘魂』は消えていたかもしれない。女子にはSareee選手や中島安里紗選手みたいな『闘魂』を思わせる選手はいても、男子にはいないから。だから、個人的にはありがたいと思っていますね」

 最後にサイモン氏に聞いてみた。白覆面の今後はどうなっていくのか。

「俺も知りたいです。分かったら教えてほしい。ただ、どんな動き方をするのかは楽しみですね。あ、何度も言うけど、黒幕も白覆面も俺じゃないですよ」

 全日本乗っ取りの黒幕、白覆面、レインメーカーの退団を含め、サイモン氏の発言はどこまで本当なのか……。いずれにしても2024年のマット界は、年頭から嵐が吹き荒れている。これは今まで以上に激動の一年になることは確実な気がしてきた。(一部敬称略)

次のページへ (2/3) 【動画】三冠王者・中嶋勝彦が自身のXに投稿した、白覆面と並んで歩きながら言葉をかわす映像
1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください