竹内涼真、高橋文哉に感謝「ゴール切るには彼の力が必要だった」 “裸の付き合い”告白

俳優の竹内涼真と高橋文哉が15日、都内で行われた『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』(1月26日公開)の完成披露試写会舞台あいさつに、共演の堀田真由、板垣李光人、黒羽麻璃央、窪塚愛流、橘優輝、須賀健太、吉田鋼太郎、メガホンをとった菅原伸太郎監督とともに出席した。

舞台あいさつに登壇した高橋文哉(左)と竹内涼真【写真:ENCOUNT編集部】
舞台あいさつに登壇した高橋文哉(左)と竹内涼真【写真:ENCOUNT編集部】

高橋文哉は一時降壇のハプニング「証明で汗が」

 俳優の竹内涼真と高橋文哉が15日、都内で行われた『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』(1月26日公開)の完成披露試写会舞台あいさつに、共演の堀田真由、板垣李光人、黒羽麻璃央、窪塚愛流、橘優輝、須賀健太、吉田鋼太郎、メガホンをとった菅原伸太郎監督とともに出席した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 ゴーレムウィルスというかまれたら化け物になってしまう“謎の感染症”によって、突然日常を奪われた人々の様を描いたサバイバルドラマシリーズ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)を映画化した今作。シリーズを通して壮絶な人生を歩んできた主人公・間宮響の最後にして最大の戦いを描く。

 竹内が演じる響のバディーで、堀田が演じる幼なじみの羽鳥葵を助けるためにユートピアに挑む元とび職の熱き青年・柴崎大和役を演じる高橋は、印象的なシーンを尋ねられると「ドーム型の場所で響と対峙させてもらっているシーンがあって、全身砂まみれになって、ほこりまみれになってアクションをやったんですけど、『なるべく力を抜かないようにやろう』と竹内さんが言ってくださって、僕も『えーい』とやっているので、映像からあふれ出るアクションの迫力を楽しんでいただきたいなと思います」とアピールした。

 一方、撮影中の印象的な出来事を聞かれた竹内は「文哉くんと一緒にお風呂に入ったことかな。福島で2回くらい。裸の付き合いで一緒に入りましたね」とコメントし、どっちから誘ったのか追求されると、竹内は「なんか汚れて、『行く?』みたいな」と再現し、それに対して高橋は「『行きましょうか』」とにっこり。

 続けて、竹内は「今回、文哉くんと感情のバトルをするんですね。彼らがどうしてぶつかり合うかは冒頭からしっかり描かれていますし、今回、僕がこの劇場版で最後のゴールを切るには彼の力が必要だったので、たまたま一緒にお風呂に入ったり、そういうコミュニケーションが取れたのは、撮影中の1つの起爆剤になりました」と目を輝かせ、高橋は「(入浴中に)お芝居の話をたくさんさせていただいてありがたかったですね」と感謝した。

 その直後、高橋は「すいません、1回外れていいですか?」とステージ降壇をお願いし、竹内は「大丈夫? 汗すごいな」と心配したが、数分後に高橋はステージに戻り「すいません……。汗でビッチョビチョになっちゃって。照明で汗が」と事情を説明すると、竹内は「体調不良になったわけではないのね。代謝がいいんだ。よかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

次のページへ (2/2) 【写真】舞台あいさつの様子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください