神主・狩野英孝、神社業務終了で「芸人に戻ります」 直筆絵馬でSnow Manの爆売れ祈願?

お笑いタレントの狩野英孝が4日、神主としての業務を無事に終えたことを自身のXで報告した。

狩野英孝【写真:ENCOUNT編集部】
狩野英孝【写真:ENCOUNT編集部】

ケガ人ゼロ報告に「狩野家一同、一安心してます」

 お笑いタレントの狩野英孝が4日、神主としての業務を無事に終えたことを自身のXで報告した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 狩野の実家は宮城県栗原市にある櫻田山神社で、年末年始は神主として多忙をきわめたようだ。4日夜、「年末年始の神社業務、無事に終了致しました」と神主としての業務を終えたことを明かした。

 続けて、「参拝に来られた方々、応援してくれた方々ありがとうございました!こちらに入った情報では事故なく怪我なく安全に参拝出来たという事で、狩野家一同、一安心してます」と伝えた。

 さらに、「絵馬も書かせて頂きました。とりあえず2024年は『Snow Man』がさらに爆売れする事となりました。。」と狩野の直筆の絵馬も紹介。「←特にこの人の願いが叶いますように」と記されており、その矢印の先には「Snow Manが大活躍しますように!!」と記されている。

 狩野は「皆さま本当にありがとうございました!ここからは芸人の仕事に戻ります!!今年もよろしくお願い致します。。」と感謝を伝えた。

次のページへ (2/2) 【写真】狩野英孝が記した直筆の絵馬
1 2
あなたの“気になる”を教えてください