藤原紀香、人生初の宙乗り挑戦「ドキドキ」 2度目の『キャッツアイ』で次女・瞳役

俳優の藤原紀香19日、都内で行われた明治座創業150周年ファイナル公演 舞台『メイジ・ザ・キャッツアイ』製作発表会見に出席した。

会見に出席した藤原紀香【写真:ENCOUNT編集部】
会見に出席した藤原紀香【写真:ENCOUNT編集部】

夫の片岡愛之助とは「家に泥棒が多いねって話していました(笑)」

 俳優の藤原紀香19日、都内で行われた明治座創業150周年ファイナル公演 舞台『メイジ・ザ・キャッツアイ』製作発表会見に出席した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 アニメ・実写化などさまざまなメディアミックス展開されてきた北条司氏による漫画が原作。時代設定を明治に変え、麗しき女泥棒・キャッツアイの活躍をオリジナルストーリーで描く。主人公となる怪盗キャッツアイの3姉妹は、長女・泪役を高島礼子、次女・瞳役を藤原、三女・愛役を剛力彩芽が演じ、トリプル主演を飾る。

 藤原は1997年に公開された映画『キャッツアイ』で長女・泪を演じた経験がある。会見では「大好きな作品に、人生で2度もご縁があった幸せを噛み締めている」と喜び、「昔も今も、原作をとにかく読んで、世界観に浸っている。みなさんと一丸となって限られた稽古時間のなか突き進んでいきたい。ワクワクしています」と声を弾ませた。

 本作には、藤原演じる瞳が空を舞う演出もあるという。「瞳が空を飛ぶんです。人生初でドキドキ。どんな感じの宙乗りになるのかな」といい、「歌舞伎の舞台を見ていても気持ちよさそう。でも、話を聞くと体に負荷がかかるし、大変だと聞いている。どんな形になるか分からないけどキャッツアイらしいものになるのでは」と予告した。

 夫で歌舞伎俳優の片岡愛之助は、歌舞伎の新公演で「ルパン三世」を演じるが、「家に泥棒が多いねって話していました(笑)」と明かして共演者を笑わせた。「昔から愛される作品をやることはすごくうれしい。そこへのリスペクトを持って頑張ってやろうと思う」と気を引き締めた。

 会見には高島、剛力、染谷俊之、上山竜治、長谷川初範、新谷姫加、美弥るりか、脚本を担当する岩崎ら大(かもめんたる)と演出・共同脚本の河原雅彦氏も参加した。同舞台は来年2月6日から3月3日まで東京・明治座にて上演される。

次のページへ (2/2) 【写真】高島礼子、藤原紀香、剛力彩芽らの”ルダハート”ショットも
1 2
あなたの“気になる”を教えてください