【どうする家康】茶々が少女時代に憧れた人物とは 「まさか」「なぜ」「どうして」視聴者衝撃

松本潤が主演を務め、徳川家康を演じるNHKの大河ドラマ『どうする家康』(日曜午後8時)。12月10日放送の第47回では、家康の大筒による攻撃で難攻不落の大坂城は崩壊。茶々(北川景子)の妹・初(鈴木杏)と阿茶(松本若菜)が話し合い、和議が成立し、大坂冬の陣は終結する。だが、乱世を望む荒武者たちが全国から大坂城に集まり、豊臣を滅ぼすまで平穏は訪れないと、家康は再び大坂城に兵を進めようとする流れが描かれた。そんな中、江(マイコ)が家康に対し、姉(茶々)にはずっと心に憧れの君がいたと明かすと、本能寺の変の際に12歳だった茶々(白鳥玉季)が、憧れの君の無事を祈っている姿が描かれた。少女時代に茶々が憧れた人物にネットでは「まさか」と驚きの声が目立った。第47回で江は茶々を止められるのは私たち(江と初)ではないと家康に伝えていた。

茶々を演じる北川景子【写真:(C)NHK】
茶々を演じる北川景子【写真:(C)NHK】

松本潤が徳川家康を演じるNHKの大河ドラマ 第47回の平均世帯視聴率11.0%

 松本潤が主演を務め、徳川家康を演じるNHKの大河ドラマ『どうする家康』(日曜午後8時)。12月10日放送の第47回では、家康の大筒による攻撃で難攻不落の大坂城は崩壊。茶々(北川景子)の妹・初(鈴木杏)と阿茶(松本若菜)が話し合い、和議が成立し、大坂冬の陣は終結する。だが、乱世を望む荒武者たちが全国から大坂城に集まり、豊臣を滅ぼすまで平穏は訪れないと、家康は再び大坂城に兵を進めようとする流れが描かれた。そんな中、江(マイコ)が家康に対し、姉(茶々)にはずっと心に憧れの君がいたと明かすと、本能寺の変の際に12歳だった茶々(白鳥玉季)が、憧れの君の無事を祈っている姿が描かれた。少女時代に茶々が憧れた人物にネットでは「まさか」と驚きの声が目立った。第47回で江は茶々を止められるのは私たち(江と初)ではないと家康に伝えていた。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

(※以下、ドラマの内容に関する記述があります)

 12歳の茶々は「信じる者を決して裏切らず、わが身の危険も顧みずに人を助け、世に尽くす。そのようなお方であれば、それこそ、まことの天下人にふさわしきお方だと思わぬか」と幼い妹の初と江に話す様子が描かれた。そこで成長した初の映像となり「それは姉の中で勝手にふくれあがっていた幻のようなものだったのでしょう。それが裏切られ……」と語ると、再び少女時代の茶々の映像となり、茶々が母・市に向かって「やはりお見えになりませんでしたな。徳川殿は嘘つきということでございます。茶々はあの方を恨みます」と話す姿が描かれた。

 ネットでは幼い頃、茶々は家康に憧れていたことがあったという展開に「憧れていたの?」「まさか」「どうして」「なぜ」「えっ家康に?」「母思いの優しい娘だからこうなったの?」「憧れの君が家康とは」と驚きの声が目立った。

 一方、ビデオリサーチによると10日にNHK総合で放送された『どうする家康』の関東地区の平均世帯視聴率は11.0%(個人は6.6%)だった。

次のページへ (2/2) 【写真】少女時代の茶々を演じる白鳥玉季
1 2
あなたの“気になる”を教えてください