HIKAKIN、20億円大豪邸の光熱費に仰天「高すぎ」 水道局の担当者もドン引き「なんでこんなに?」

YouTuberのHIKAKIN(ヒカキン)が20億円豪邸の1か月の光熱費(電気・ガス・水道費)を5日、自身のYouTubeチャンネルで公表した。

HIKAKIN【写真:ENCOUNT編集部】
HIKAKIN【写真:ENCOUNT編集部】

総務省統計局が公表している単身世帯の平均額は「1万1383円」

 YouTuberのHIKAKIN(ヒカキン)が20億円豪邸の1か月の光熱費(電気・ガス・水道費)を5日、自身のYouTubeチャンネルで公表した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 今年8月に、総額20億円の豪邸に引っ越したことを報告していたHIKAKIN。この日は、「【支払いで絶望】20億円ハウスの光熱費初めて見たら…」と題した動画を掲載。

 HIKAKINは「いつも僕、引き落としにしているので、わざわざ今月はいくらだ! とか見ていないので、パンドラの箱を開けていきたいと思います」と明細書を手にした。

 そして、比較するためにも総務省統計局が発表している2021年度の単身世帯の1か月の光熱費の平均額を「1万1383円(水道2248円、電気5482円、ガス3001円)」と紹介した。

 自宅には、温水の15メートルプールもあるため「10~11万ぐらい。でも、ギリいかない8万か9万円!」と予想。しかし、実際の光熱費に「マジかよ。16万5935円。高すぎる。これ冬どうなるんだよ……」と絶望。内訳は、電気12万2760円、水道3万8891円、ガス4284円だった。そして、急いで電気を消灯していた。

 また、スタッフが水道局に料金確認で電話したところ「なんでこんなに使っているんですか?」とドン引きされたことを明かし、HIKAKINは「プールの水の入れ替えです」と苦笑していた。

 コメント欄には「どんなに儲かっていても節約を心がける神は本当に尊敬でしかない」「光熱費がまあまあいいとこの家賃ぐらいあるやんけ笑」「金額にビックリして即消灯して節約してくの尊敬する」「お金持ちでも偉そうにしないところまじで好き」「確定申告頑張ってー!」という声が寄せられた。

次のページへ (2/2) 【写真】総額20億円の豪邸 広々とした自宅リビングを公開したヒカキン
1 2
あなたの“気になる”を教えてください