元乃木坂46・相楽伊織、2024年に芸能活動10周年 試行錯誤しながらの活動は「グループとは違う楽しさ」

元乃木坂46で、現在はモデルや女優として活動中の相楽伊織が26日、都内で『2024年カレンダー』(わくわく制作所)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。

イベントに登場した相楽伊織【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登場した相楽伊織【写真:ENCOUNT編集部】

自身初のソロカレンダー発売記念イベント

 元乃木坂46で、現在はモデルや女優として活動中の相楽伊織が26日、都内で『2024年カレンダー』(わくわく制作所)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 自身初となるソロカレンダーを手にした相楽は「ずっとカレンダーを作りたかったので、今年ようやく作ることができてうれしいです」と喜び、撮影コンセプトを聞かれると「マネジャーさんに『グランピングがしたい』とずっと言っていて、それをかなえていただきました」と紹介。

 お気に入りには10月のナイフとフォークを手にしているカットを挙げ「グランピングで1番やりたかったバーベキューができたのが1番うれしいのと、オールインワンのデニムの衣装もお気に入りです」と声を弾ませ、8月のナイトプールでの撮影も念願だったそうで「行ったことがなかったので体験してみたかったんですけど、ただ暗いだけで普通のプールでした(笑)」と打ち明けて笑いを誘った。

 また、購入者にはどこに飾ってほしいか尋ねられると「自分のお家に飾ってくれるのはありがたいんですけど、できればオフィスのデスクに飾って、宣伝も兼ねつつお仕事も頑張ってほしいなと思います」と提案した。

 今年はどんな1年だったか聞かれると「5月からグラビアに初挑戦させていただいたんですけど、この半年間はとても濃い日々を過ごさせてもらったので、来年もさらにお仕事を増やせるように頑張っていきたいと思います」と目を輝かせ、来年は芸能活動10周年を迎えるそうで「今、デジタル写真集を10冊ほど出させていただいているんですけど、紙の写真集を出せるようになりたいなと思います。旅番組とかお散歩番組も好きなので、そんなロケにも挑戦したいなと思います」と抱負を語った。

 さらに、約4年在籍した乃木坂46での活動より個人での活動のほうが長くなったそうで「グループでは見本(先輩)がいたことが大きくて、ソロになって周りの方が大先輩ばかりでしたが、グループの先輩ではない微妙な距離感があって、どの現場でも共演者の方が違って一からのスタートだったり、グラビアも誰かを見ていたわけではないので、自分で試行錯誤しながらやっていけるのはグループとは違う楽しさだなって思います」と吐露した。

 イベントでは、この日、26歳の誕生日を迎えた相楽をサプライズケーキで祝福する一幕もあった。

次のページへ (2/2) 【写真】相楽伊織の全身ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください