朝倉海の10・1大会出場はありえる? RIZIN榊原CEOが“ぶっちゃけ”「地元ってこともありますし」

格闘技イベント「RIZIN」の開催が迫っている。今月24日には「RIZIN.44」、10月1日には「RIZIN LANDMARK 6」と1週間に2大会を実施。今年の大みそかを占う2大会を前にENCOUNTでは、RIZIN.44前日特番『榊原パイセンがアベマにやってきたぞSP』(ABEMA)前哨戦を実施。ファンから集まった大会に関する質問を“地獄のプロモーター”榊原信行CEOにぶつけた。

ファンの直球質問にNGなしで回答した“地獄のプロモーター”榊原信行CEO【写真:ENCOUNT編集部】
ファンの直球質問にNGなしで回答した“地獄のプロモーター”榊原信行CEO【写真:ENCOUNT編集部】

RIZIN.44はフェザー級カード盛りだくさん

 格闘技イベント「RIZIN」の開催が迫っている。今月24日には「RIZIN.44」、10月1日には「RIZIN LANDMARK 6」と1週間に2大会を実施。今年の大みそかを占う2大会を前にENCOUNTでは、RIZIN.44前日特番『榊原パイセンがアベマにやってきたぞSP』(ABEMA)前哨戦を実施。ファンから集まった大会に関する質問を“地獄のプロモーター”榊原信行CEOにぶつけた。

【注目】『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』はLeminoで独占無料配信、番組本編やグッズ情報などは特設サイトをチェック(特設サイトへ)

 ◇ ◇ ◇

――RIZIN.44で最も注目しているカードを教えてください。

「どれも注目してるんだけどなんだろうなぁ。この試合ってことではなく、今大会はフェザー級の試合をたくさん組んでいます。ヴガール・ケラモフ―朝倉未来を終えて新王者が決まったなかでフェザーがどう展開していくのか。ケラモフを中心としてケラモフに挑戦していく者は誰なのか。そういうところに注目してもらえると。

 メインの金原正徳vs.とクレベルの試合もそうですけど、牛久絢太郎vs.萩原京平もそうだし、横山武司vs.摩嶋一整や中原由貴vs.白川陸斗にしても、今回の試合の勝敗はフェザー級でやっていくなかでどの選手も落とせない。どんな勝ちっぷりを見せるのか。ファンにどれだけ印象を与えられるのか。そういうところも含めて4カードは注目してもらいたいですね」

――タイトルの挑戦権とまではいかなくても、判断する上で重要な試合になると。

「そうだね。ケラモフと(鈴木)千裕が11月4日にアゼルバイジャン大会でタイトルマッチがあり、その先の大みそかのタイトル戦。ケラモフが防衛するのか、千裕が新王者になるのか分からないけど、そこへの挑戦権を誰が手にするのか。クレベルが勝てばクレベルを推す声は大きくなるんだろうけど、金原選手も強いし、どの局面でも対等に戦える選手。簡単ではないんですけどね。金原が勝ったらどうなるんだ? っていう楽しみも含めて今後を占うイベントになるんじゃないかな」

――ランキング制を導入していないことを分かった上で聞かせていただきます。榊原CEOの考えるランキングはどんな感じになりますか。

「ランキング制にしていないから分からないですね(笑)。どんぐりの背比べって言うとあれだけど、クレベルは抜きん出ている。ランキング制みたいなもの、勝敗よりも僕らが大事にしているのは、ファンが何を求めているのか。そこに耳を傾けていることが多いんですよ。『この試合に勝ったから次、俺だよね』ではなくて、どれだけファンに印象を強く持ってもらうか。

 千裕がパトリシオに勝った試合は衝撃的で観客のハートをわしづかみにする試合だった。だから11月のタイトル戦にチャレンジするべきだなと。ランキング制を引いていたら、そういうことにはならなかったと思うんだよね。だからその日の出来栄え次第。勝敗プラスファンの心をどう掴むか。その日のマン・オブ・ザマッチを誰が手にするのかによるのではないでしょうか」

――「RIZIN LANDMARK 6」の方の注目ポイントは何でしょうか。

「今大会で言うとメインの井上直樹と太田忍。『これで終わりかよ』って声がありますよね。まぁそれで終わらないのがRIZINなので(笑)。最後の悪あがきを今、一生懸命しています。いろんなことが起きると思います。『名古屋のチケット買っておいてよかったよ!』となるように努力しています。

 ヒントを言うと朝倉海。彼のケガの回復が遅れているのが最大の要因で、海の復帰に向けた試合を名古屋大会の軸にしようと考えていたわけです。そこがいまハマっていない。彼もなんとか間に合わせようと努力してくれてはいます。順当に行けば、大みそかにフアン・アーチュレッタとタイトル戦と海も考えているとするならば、無茶なことはさせられない。ここで無理に試合をさせて大みそかに出場できないとかね……。

 アーチュレッタと組まないとしても、本人はそこに照準を絞っている。どういうレベルの選手とどんな角度で戦ってもらうのか、それがファンに興味を持ってもらえるものになるのか。海の回復具合を待ちながらですね。まだ大会まで2週間弱あるので」

――朝倉海選手のケガの具合はどの程度なのでしょうか。

「順調に回復していますけど、まだ100%じゃないでしょう。なのでいきなりケガ明けにタイトル戦というのは、本人は行くって言うかもしれませんが、それよりも10月にウォームアップの試合ができないかと。地元ってこともありますし、今の状況に合った相手とテーマを持って試合をして、3か月後に備えるというのが我々が考えているストーリーですね」

――本人は出たいと言っているのでしょうか。

「出たいし、出なくちゃいけないって。責任感の強い人なので。次男坊だから家族のバランスを取るんです。だからここは自分が出なきゃダメって言うのは分かっていると思います。一方でここでケガを負いたくないっていうのも本人にはあるんですよね。本人も葛藤しています」

――昨年の7月にもケガがあって、そのときは直前に榊原CEOが出場を止めるような形になっていましたけど、海選手はRIZINにとってどんな存在ですか。

「先ほど言った通り責任感が強い。出るからには最高のパフォーマンスを見せたいと強く考えていますよね。勝っても負けても、そういう戦い方・ファイトスタイルを実行できるし、実行したいと思う人ですね。海の試合は勝敗関係なくハズレがない。つまらない試合っていうのがない。戦う上での美学を持っていて、今後もRIZINを牽引していってほしい選手ですね」



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください