車の中に長い髪…妻の第一声は「呪われてない?」 不思議な体験にフォロワーも震撼

夫婦でお出かけ。愛車に乗り込んだ妻が、見慣れない“長い髪の毛”を見つけたら…。「浮気を疑われるパターンか?」と覚悟をしたのもつかの間、妻からの思わぬひと言に背筋を凍らせた夫の投稿がSNSで話題になっている。「思ったより怖い話だった」「スーパーでお塩数キロ買わなくちゃ」など1.8万人いるフォロワーをびくつかせたエピソードについて聞いた。

呪(のろ)われているイメージ(写真はイメージ)【写真:写真AC】
呪(のろ)われているイメージ(写真はイメージ)【写真:写真AC】

キレイな巻き方に「すごい」と芸術家の血が騒いだ

 夫婦でお出かけ。愛車に乗り込んだ妻が、見慣れない“長い髪の毛”を見つけたら…。「浮気を疑われるパターンか?」と覚悟をしたのもつかの間、妻からの思わぬひと言に背筋を凍らせた夫の投稿がSNSで話題になっている。「思ったより怖い話だった」「スーパーでお塩数キロ買わなくちゃ」など1.8万人いるフォロワーをびくつかせたエピソードについて聞いた。

ドイツ車一筋26年…大物女性アーティストの一途な愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

「以前、嫁と車に乗っていたら『長い髪が落ちている!』と『浮気を疑われるよくあるパターンか?』と思いきや、小石に髪がぐるぐる巻きになっている謎の物体が出てきて『あなた誰かに呪(のろ)われてない?』と呪いを疑われた」

 車内で不気味なものを見つけ、肝を冷やしたのは、彫刻家の浅野暢晴さん。制作の様子や新作について宣伝をしている自身の公式アカウント(@asanonobuharu)で、4・5年前に体験した不思議なことを公表したところ、ファンや通りすがりの人から「怖い」「すぐに心配できる奥さんが素敵ですね(違」などの感想が寄せられた。

「妻が見つけたので、多分助手席にあったのだと思います。髪が巻かれた小石を見たときは『怖い!』っていうのが第一の印象でした。でもあまりに綺麗に巻かれてたので『すごいなぁ』と感じちゃいました」と恐怖におびえつつも、芸術家魂に火が付いたことを明かしてくれた。

 浮気を疑われるよりも前に「呪われてない?」と聞かれた浅野さんは「『呪われていない?』と聞かれても、『呪われてるかどうかなんて分からないよ』って思いました。具体的に何か悪いことが身の回りで起こってなかったのでw」と当時のことを回想。見つけた石は「すぐに処分した」と振り返ったが「今考えたら、お祓いとかしてもらったほうがよかったかな、と後悔してます」と話してくれた。

 アーティストとして、三本の足を持つ黒い彫刻「トリックスター」を制作している浅野さん。投稿を見たファンの反応について「『怖い!』って言っている方が多いのに、『浅野さんなら起こりかねない』と言われているのが、面白かったです」と苦笑い。「『トリックスターが持ってきたんじゃ?』と言ってる方がいたのも面白かったですね」と笑顔を見せた。

 不可思議な模様が魅力の「トリックスター」は、9月9日から群馬・中之条町の各所で開催される国際芸術祭『中之条ビエンナーレ2023』で展示される。浅野さんは「今回は『やませ』という古民家の一室に、正座したトリックスターたちが食卓を囲んでいる様子を展示する予定です。中之条ビエンナーレは、中之条町全体がアートで溢れるアートイベントです。お子さんから大人まで様々な人も楽しめるアート作品が沢山あるので、ぜひ足を運んでくれたらうれしいです」と呼びかけている。

次のページへ (2/2) 【動画】浅野さんが生み出した「トリックスター」 闇を食べると言われ、犬のような形をしたものもある
1 2
あなたの“気になる”を教えてください