両親が離婚のEXIT兼近、子ども時代に「きょうだいだけで話し合った」「どちらについていくか」

「ABEMA」の夜のニュース番組『ABEMA Prime』6月29日の放送では、20年以上同居した夫婦の離婚率が増加傾向にあることを紹介。熟年離婚を決断した当事者に話を聞いた。

6月29日の『ABEMA Prime』に出演したEXITの兼近大樹【写真:(C)AbemaTV,Inc.】
6月29日の『ABEMA Prime』に出演したEXITの兼近大樹【写真:(C)AbemaTV,Inc.】

『ABEMA Prime』で熟年離婚について議論

「ABEMA」の夜のニュース番組『ABEMA Prime』6月29日の放送では、20年以上同居した夫婦の離婚率が増加傾向にあることを紹介。熟年離婚を決断した当事者に話を聞いた。

【注目】『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』はLeminoで独占無料配信、番組本編やグッズ情報などは特設サイトをチェック(特設サイトへ)

 ゲストの女性が、離婚を拒む夫を差し置いて、子どもたちと話し合いを進めているエピソードを紹介すると、番組MCを務めるお笑いコンビ・EXITの兼近大樹は「僕も両親が離婚している。同じように、両親がそろうと大変なことになってしまうので、きょうだいだけで話し合った記憶がある。『両親のどちらについていくのか』『きょうだい全員が一緒だと経済的に苦しいから、お前はこっちだな』『親に対して本当はこう思ってる』など。子どもの立場としては、前向きに話し合えていたと思う」と振り返った。

 これに、30年の結婚生活を終えた実業家の薄井シンシアさんが「兼近さんのご両親は、話し合いができる子を育てたので、親としては最高だったんですね」と声をかけると、兼近は「幼少期から話し合いができる子どもたちに育ちました」と照れ笑いを浮かべた。

 さらに、妻からたびたび出されていた“イエローカード”に気づかず、ある日“レッドカード=離婚”を突き付けられた男性が登場すると、りんたろー。が「フェアプレーを心掛けないといけない」と背筋を正したその隣で、兼近は「結婚って怖い」とポツリ。薄井さんは「怖がることはない。そのために離婚があるんだから」と諭し、議論を締めくくっていた。



トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください