55周年でも「チャレンジ」の五木ひろし 祝賀会にサブちゃん、小泉元首相が登壇

歌手の五木ひろし(71)が5日、都内のホテルで「五木ひろし 歌手生活五十五周年『感謝の饗宴』」を開いた。各界の著名人ら500人以上が駆け付け、祝福ムードの中で歌唱を披露した。

「歌手生活五十五周年『感謝の饗宴』」を開催した五木ひろし
「歌手生活五十五周年『感謝の饗宴』」を開催した五木ひろし

都内ホテルで豪華に開催 「チャレンジすることはいくつになっても続けてきた」

 歌手の五木ひろし(71)が5日、都内のホテルで「五木ひろし 歌手生活五十五周年『感謝の饗宴』」を開いた。各界の著名人ら500人以上が駆け付け、祝福ムードの中で演歌の名曲の歌唱を披露した。

 1964年に「コロムビア全国歌謡コンクール」で優勝したことが歌手の第一歩。イベントを前にした取材の場で、「いろいろな出会いがあって、多くの方の支えによって歩いてくることができました。感謝の気持ちを申し上げたい」と語り、「小さいころから歌が好きで歌手になりたいと思って、デビューしたものの思うようにいかない時代もありましたけど、おかげさまで『五木ひろし』として昭和46年(1971年)に4度目の改名で成功して、昭和・平成という時代を多くの方に支えられて歩んできました。元号も令和という新しい時代になって、僕自身の歩みを振り返りながらも新しい時代を精一杯頑張っていきたい」と万感の思いを口にした。

小泉純一郎氏と森喜朗氏が来賓祝辞
小泉純一郎氏と森喜朗氏が来賓祝辞

「五木ひろし」の改名までに辞めようと思ったことはないかと聞かれ、「辞めようと思ったことはないです」ときっぱり。「苦労して育ててくれたおふくろへの思い、なんとか成功しておふくろを楽にさせたい思いが強かった。僕にとって、おふくろの存在はとてつもなく大きいものでした。他界して17年になりますけれど、きょうも天国から『おめでとう』と言ってくれていると思います」と語った。

 70歳を過ぎたが、ゴルフを楽しむほど足腰は丈夫といい、「一番大事なのは常に目標を持つこと、チャレンジすることはいくつになっても続けてきた。これからもチャレンジをしていく気持ちが大きい」と、さらなる意欲を示した。

北島三郎が鏡開きのご発声
北島三郎が鏡開きのご発声

 一方、ステージには次々と著名人が登壇。来賓として元首相の森喜朗氏、元首相の小泉純一郎氏が祝辞。森氏が「『木』が多いと『森』につながる」と会場の笑いを誘うと、小泉氏は「ますます五五(ゴー・ゴー)で頑張って」とエールを送った。

 鏡開きのご発声は、歌手の北島三郎が務め、「これからも長い道のりを、互いに時にはケンカもしながら、時には張り合いながら、頑張って生きていきましょう」とメッセージを送った。

次のページへ (2/2) 芸能界の出席者もゴージャス
1 2