平岡祐太、“泥染め”で恐怖体験 何度染めても人面が浮上…霊媒師「死霊が7人憑いている」

俳優の平岡祐太が24日、都内で行われた映画『忌怪島/きかいじま』(6月16日公開)の完成報告イベントに出席。ロケ地である奄美大島でお祓いをしてもらったところ、霊媒師から「死霊が7人憑いている」と告げられたことを明かした。

映画『忌怪島/きかいじま』完成報告イベントに出席した平岡祐太【写真:ENCOUNT編集部】
映画『忌怪島/きかいじま』完成報告イベントに出席した平岡祐太【写真:ENCOUNT編集部】

「いろいろあって島で霊媒師の方に見てもらった」と明かす

 俳優の平岡祐太が24日、都内で行われた映画『忌怪島/きかいじま』(6月16日公開)の完成報告イベントに出席。ロケ地である奄美大島でお祓いをしてもらったところ、霊媒師から「死霊が7人憑いている」と告げられたことを明かした。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 本作は、「恐怖の村」シリーズを手掛ける清水崇監督の最新ホラー作品。「VR」チームに次々と降りかかる不可解な謎と死を描く。なにわ男子の西畑大吾が非科学的なことを信じない天才脳科学者・片岡友彦を演じ、ホラー映画初主演。平岡はプログラマーを演じた。

 撮影は奄美大島で行われたが、平岡は「僕のシーンがずっと雨で後回しになった。3週間ロケで奄美大島にいたんですけど、撮影したのは7日間くらい(笑)。島で休日を過ごしていましたね。奄美大島のこと、やり尽くした」と思わぬバカンスに苦笑いだった。

 島では「泥染め」を体験。「時間があり余っていた」という平岡は、泥染め体験を2回行い、布を4枚染めたという。しかし、「何度も染めたけど、全部人の顔が浮かび上がる。いろいろあって島で霊媒師の方に見てもらったら、『死霊が7人憑いている』と言われた」と明かし、周囲を驚かせた。共演した川添野愛も「撮影中は塩を振ってもらっていましたよね」と恐怖体験を語った。

 また、「最近没入していること」を明かすコーナーで、平岡は「ギター」と回答。「プライベートだとずっとギターばかり弾いている。この2週間は、朝9時から夜10時まで弾いている。曲を作ったり……。自分の職業がなんだかよく分からなくなってきた」と打ち明けると、清水崇監督は「結婚で何があったの!?」と勘ぐっていた。

 イベントにはそのほか、西畑、生駒里奈、水石亜飛夢、祷キララも参加。本作の舞台が「島」であることから、この日のイベントは「船上」で実施された。

次のページへ (2/2) 【写真】映画『忌怪島/きかいじま』完成報告イベントの様子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください