赤楚衛二、日テレ7月期『こっち向いてよ向井くん』でGP帯連ドラ初主演「性別を問わず楽しめる」

俳優の赤楚衛二が日本テレビで7月期に放送される新水曜ドラマ『こっち向いてよ向井くん』で主演を務めることが、8日に発表された。

主人公の向井悟を演じる赤楚衛二【写真:(C)日本テレビ】
主人公の向井悟を演じる赤楚衛二【写真:(C)日本テレビ】

ねむようこ氏による同名漫画が原作

 俳優の赤楚衛二が日本テレビで7月期に放送される新水曜ドラマ『こっち向いてよ向井くん』で主演を務めることが、8日に発表された。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 2022年の「第13回 ananマンガ大賞 準大賞」受賞をした、ねむようこ氏による同名漫画が原作。雰囲気よし、性格よし、仕事もできる、いいオトコ、向井くん。10年ぶりに恋をしようと意気込む彼に待ち受けていたのはすてき女子たちとの出会い、そして10年前の忘れられない元カノ。切実なのに笑えちゃう、不器用だから胸をうつ、それでも恋を諦めきれない恋愛迷子たちのラブストーリーが描かれる。

 日テレ水曜ドラマでは『世界一難しい恋』以来の約7年ぶりの男性単独主演。赤楚は、結婚だけが幸せのゴールじゃない現代を生きる主人公の向井悟を演じる。

 赤楚は自身のキャラクターについて「今回僕が演じさせていただく主人公の向井くんは、仕事もある程度キャリアを重ねていて、近くにいたらすごく頼りがいもあって、相談にのってくれそうないい人。でも10年ぶりに恋愛をしてみると相手からは『優しいけど、この優しさはなんかちょっと違うな?』って思われちゃう、恋愛において迷子になってしまっている男の人です」と紹介。

 恋愛下手な部分を「僕も含めて、男性はみんなどこかに向井くん的な部分があるんじゃないかな」と推測し、「この物語は男性である向井くん目線のラブストーリーですが、もちろん女性から見ても『こういう男の人いるよね』って思い当たったり、ちょっとしたセリフがリアルでグサッと刺さったり、性別を問わず楽しめる作品になっています」とアピール。「これから発表になっていく素敵なヒロインのみなさんに向井くんがどう翻弄されていくのか、僕自身も演じるのが楽しみです」と、クランクインへ向けての意気込みを口にした。

 映像化に際して、原作者で漫画家のねむ氏は「ある日深夜のラジオでパーソナリティの男性が赤裸々に失恋の話をしていました。仕事では成功してどこからどう見ても立派な大人の35歳男性。なのに恋となるとこんなに無様なのかと、なんだか可笑しくて愛おしくて、次の漫画の主人公はこんな感じの男の人にしようと思いました。あの日の思いつきが今こんなところまで辿り着いてただただ恐縮しています。ドラマをご覧の皆様にも迷える向井くんを応援して頂けたら幸いです」と、主人公である向井くん、そして連続ドラマ化への思いを語った。

次のページへ (2/2) 【写真】原作漫画『こっち向いてよ向井くん』の表紙
1 2
あなたの“気になる”を教えてください