第1子出産後、初連ドラ主演の清野菜名が脚本家からのメッセージに涙「参加できて幸せです」

俳優・清野菜名(28)が主演するABC・テレビ朝日系連続ドラマ『日曜の夜ぐらいは…』(30日スタート、日曜午後10時)の完成披露試写会が23日、都内の映画館で行われた。清野はメインキャストの岸井ゆきの、生見愛瑠と登壇。披露された第1話を自らも視聴し、「映像がキレイで映画を観ているかのようでした」などとあいさつした。

完成披露試写会に登場した(左から)生見愛瑠、清野菜名、岸井ゆきの【写真:ENCOUNT編集部】
完成披露試写会に登場した(左から)生見愛瑠、清野菜名、岸井ゆきの【写真:ENCOUNT編集部】

ABC・テレビ朝日系連続ドラマ『日曜の夜ぐらいは…』完成披露試写会

俳優・清野菜名(28)が主演するABC・テレビ朝日系連続ドラマ『日曜の夜ぐらいは…』(30日スタート、日曜午後10時)の完成披露試写会が23日、都内の映画館で行われた。清野はメインキャストの岸井ゆきの、生見愛瑠と登壇。披露された第1話を自らも視聴し、「映像がキレイで映画を観ているかのようでした」などとあいさつした。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

同作はテレビ朝日系で日曜午後10時に誕生する新ドラマ枠。制作はABCテレビで、清野は昨年3月に第1子を出産後、初の連ドラ出演となった。愛、家族、人生がテーマの物語。清野は足の不自由な母親を支えるため、休みなくアルバイトを続ける主人公の岸田サチを演じている。第1話では、ラジオ番組が企画したバス旅行をきっかけで出会う元不良でタクシー運転手の野田祥子(岸井)、ちくわぶ工場勤務の樋口若葉(生見)とのやり取りが見どころになる。

脚本はNHK連続テレビ小説『ひよっこ』などを手掛けてきた岡田惠和氏が担当。この日は登壇した1人1人にしたためた岡田からの手紙が披露され、清野にはリスペクトを込めたメッセージが送られた。

「清野菜名さん、脚本家として出会いに感謝です。ありがとう。サチ、素晴らしかったです。清野さんが演じるサチを観て、『サチのような子はこの世界にたくさんいるんだろうな』と思いました。それくらい清野さんのお芝居にはリアリティーがありました。表情や体の動きの全てがサチとして生きていました。きっと観ている方がサチを応援したくなると思います」

これを受け、清野は涙を浮かべ、声を詰まらせて言った。

「うれしいです。撮影に入った時を思い出しました。ずっと、(役の難しさを)抱えていて苦しかったんですけど、2人(岸井と生見)がグッと引っ張ってくれて、それがすごくうれしくて……。この作品に参加できて幸せです」

第1話には、主人公のサチが「楽しいことがあるときついことに耐えられなくなる。だから、ずっときついままの方がいい」などと語る場面がある。母を支えるためだけに生き、殻に閉じこもってきた姿だが、作品そのままに撮影現場で岸井と生見が、清野の心を解きほぐしてきたことが分かるコメントだった。

岡田氏は、バラエティー番組出演が多かった生見に「お願いして良かった。芝居をすることを楽しんでいて、ドラマを豊かにしてくれました。これからも俳優の仕事を絶対に続けていきましょう」。岸井には「最強の俳優さんだと思っています。どんなパスでも受け止めてくれる。さすがです」などとメッセージを送り、受け止めた2人も目を潤ませていた。

次のページへ (2/2) 【写真】ソロカットも公開
1 2
あなたの“気になる”を教えてください