宮迫博之、飲食店の閉店を決断「赤字が続いている」 苦渋の選択も店長の退職で決意

YouTuberでタレントの宮迫博之が22日、自身のYouTubeチャンネルを更新。東京・五反田に店舗を構える「みやたこです」を4月末で閉店することを発表した。

宮迫博之【写真:ENCOUNT編集部】
宮迫博之【写真:ENCOUNT編集部】

4月末で閉店することを発表

 YouTuberでタレントの宮迫博之が22日、自身のYouTubeチャンネルを更新。東京・五反田に店舗を構える「みやたこです」を4月末で閉店することを発表した。

外車SUVに夢中になった理由とは? “花の82年組”アイドルの華麗なる愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 宮迫の実家は大阪のたこ焼き店。のれん分けをする形で2015年に「みやたこです」を開店させた。ちょうど8周年を迎えるタイミングでの閉店の決断となった。

 理由について宮迫は「頑張っていたんですけど、コロナの影響が大きくて、コロナ明けでお客さんの流れが全然戻ってこなくて、赤字が続いているのもある」と説明。さらに、「メインでやっていた2人のバイトの子が諸事情で辞めることになってしまい、店長さんだけでは回していけない」と現状を明かした。また、店長も他の道に進むことを決断したようだ。

 継続も考えていたようだが、「店長ありきで成り立っていたお店だった」とし、以前から知り合いだった店長が作るたこ焼きの味にほれ込んだことがきっかけでオープンした店であったと説明した。そのため、「他の人を(店長に)立ててやるのは違う」と、閉店の決断に至ったようだ。

 一方で、東京・月島の「みやたこです。もじや」は営業継続を発表。コロナ明けのインバウンド効果で海外客も多く、「調子がよく頑張ってくれてます」と笑顔で営業継続を明かした。

次のページへ (2/2) 【動画】「みやたこです」の絶品たこ焼き
1 2
あなたの“気になる”を教えてください