佐々木朗希vs山本由伸の対決を絶対に生で見たい米記者 アラームセットが「ガチ勢」と話題に

日本の優勝で幕を閉じた野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。米大リーグのマイケル・クレア記者は日本で取材を続け、野球のみならず日本のお菓子などにも魅了された様子を伝え、大きな話題となった。帰国後も侍ジャパンのその後を気にかけているようで、14日のロッテ―オリックス戦で実現する侍右腕対決に注目しているようだ。

WBCで優勝した侍ジャパン【写真:Getty Images】
WBCで優勝した侍ジャパン【写真:Getty Images】

「忘れないように、アラームをセットしています」

 日本の優勝で幕を閉じた野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。米大リーグのマイケル・クレア記者は日本で取材を続け、野球のみならず日本のお菓子などにも魅了された様子を伝え、大きな話題となった。帰国後も侍ジャパンのその後を気にかけているようで、14日のロッテ―オリックス戦で実現する侍右腕対決に注目しているようだ。

AKB48で活躍、元トップアイドルが愛する大型車…内緒で取得した免許秘話(JAF Mate Onlineへ)

 ロッテ・佐々木朗希とオリックス・山本由伸の好投手対決に合う視線を注いでいたのは日本のファンだけではなかった。クレア記者は自身のツイッターを更新し、「忘れないように、明日のロウキ・ササキとヨシノブ・ヤマモトの対戦のためにアラームをセットしています」と投稿。実際にセットしたアラームの写真を添えているが、これが実に細かかった。

 日本時間では午後6時開始の試合が米国では早朝。「4:45AM」「4:51AM」「5:00AM」「5:15AM」と設定。絶対に寝坊だけは避けようと準備していた。

 この投稿に日本のファンからは「海外からのパ・リーグTV視聴者が増えそうです」「ガチ勢のアラームセット」「MLB記者さんの早起きしてまでこの2人の投げ合いを見たいと思う精神好き」「楽しみですよね!」などとコメントが集まっている。

次のページへ (2/2) 【写真】クレア記者が佐々木vs山本を見るために設定した実際の写真
1 2
あなたの“気になる”を教えてください