瓜田純士、顔面にタトゥーが入っていない20歳の自分を紹介 「めちゃくちゃレア」と反響

朝倉未来が社長を務める「BreakingDown」で大人気の“アウトローのカリスマ”瓜田純士が6日までに自身のツイッターを更新。「尖り過ぎてた」20歳の自分を紹介している。

瓜田純士【写真:徳原隆元】
瓜田純士【写真:徳原隆元】

「尖り過ぎてた」と回顧

 朝倉未来が社長を務める「BreakingDown」で大人気の“アウトローのカリスマ”瓜田純士が6日までに自身のツイッターを更新。「尖り過ぎてた」20歳の自分を紹介している。

AKB48で活躍、元トップアイドルが愛する大型車…内緒で取得した免許秘話(JAF Mate Onlineへ)

 生まれは夜も眠らぬ街、東京・歌舞伎町の瓜田は「尖り過ぎてたぜ #二十歳 #歌舞伎町」とセピア色の写真を投稿した。

 車の中から腕を出し、ポーズを決めている。髪型はツンツンと尖っていた。“顔面タトゥー”が今ではトレードマークになっているが、このころはまだなかった。

 この投稿にファンからは「ガン決まり」「かっこいいです」「めちゃくちゃレアな写真」「しびれる」「いい男過ぎ」などの声が上がっていた。

次のページへ (2/2) 【写真】顔面タトゥーのない20歳の瓜田純士
1 2
あなたの“気になる”を教えてください