大谷翔平が歓喜爆発→リスペクトあふれる振る舞い 米メディア注目「美しく誇り高い瞬間」【WBC】

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本代表・侍ジャパンが6-5の劇的な逆転勝利でメキシコを下し、決勝に駒を進めた。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」は、試合後の大谷翔平(エンゼルス)の喜びに注目しつつ、侍ジャパンが見せた礼節を称えている。

大谷翔平【写真:ロイター】
大谷翔平【写真:ロイター】

WBC準決勝は村上宗隆の決勝打で6-5の逆転勝利

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本代表・侍ジャパンが6-5の劇的な逆転勝利でメキシコを下し、決勝に駒を進めた。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」は、試合後の大谷翔平(エンゼルス)の喜びに注目しつつ、侍ジャパンが見せた礼節を称えている。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 メキシコとの一戦で、日本は佐々木朗希(ロッテ)が先発。3点を先行されたものの、吉田正尚(レッドソックス)の3ランで同点に追いつく。さらに1点を追う9回には村上宗隆(ヤクルト)が逆転サヨナラとなる2点適時打を放ち、劇的な勝利を収めた。

「スポーツ・イラストレイテッド」は「大谷はあまりの喜びように、両手を膝について酸素を補給する必要があった」と、勝利の瞬間に歓喜が爆発した様子に注目。その上で、侍ジャパンが見せた振る舞いに言及している。

「伝統にならい、日本代表はファウルライン上に並んだ。3塁側のファンにお辞儀すると、逆側のファンにもお辞儀し、そして悲しみに打ちひしがれるメキシコ代表ベンチにもお辞儀した。大谷にとってアメリカで最もエキサイティングな勝利の直後ながら、美しく誇り高い瞬間だった」

 思い切り歓喜を爆発させ、対戦相手へのリスペクトも忘れない。侍ジャパンの模範的な姿は、海の向こうであらためて注目を浴びている。

次のページへ (2/2) 【動画】侍ジャパン、メキシコ戦での逆転勝利後に生まれた歓喜の輪
1 2
あなたの“気になる”を教えてください