「まさに救世主」 吉田正尚の右手一本同点3ランに米国記者「レッドソックスファンは夢中に」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われている。日本代表とメキシコ代表が対戦。3点を追う7回裏、吉田正尚の同点3ランを放った。米国記者のマイケル・クレア氏が反応している。

同点3ランを放った吉田正尚【写真:Getty Images】
同点3ランを放った吉田正尚【写真:Getty Images】

「これが日本の4番だ!」とネット上には歓喜の声

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われている。日本代表とメキシコ代表が対戦。3点を追う7回裏、吉田正尚の同点3ランを放った。米国記者のマイケル・クレア氏が反応している。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 打ったのは内角低めのチェンジアップ。右手一本、すくいあげるようにバットを振りぬくと、打った球はライトスタンドに飛び込んでいった。

 起死回生の一打にネット上では「これが日本の4番だ!」「まさに救世主」「ミラクルキター!」「これだから野球はおもしろい」など歓喜の声があふれていた。

 日本で話題の米国記者・クレア氏は「レッドソックスファンは、吉田正尚に夢中になるだろう」とツイート。吉田は、昨年までプロ野球オリックスバファローズで活躍。今季からボストン・レッドソックスに移籍している。

次のページへ (2/2) 【動画】「冗談だろ?」と米国メディアも驚愕 吉田正尚が同点3ランを放った瞬間
1 2
あなたの“気になる”を教えてください