青木源太アナ、25年ぶりの“給食”に仰天「美味しすぎた」 懐かしメニューに「たまらん」

フリーアナウンサーの青木源太が18日までに自身のインスタグラムを更新。25年ぶりに食べた“給食”に感動している。

青木源太【写真:ENCOUNT編集部】
青木源太【写真:ENCOUNT編集部】

SNSとの付き合い方を授業

 フリーアナウンサーの青木源太が18日までに自身のインスタグラムを更新。25年ぶりに食べた“給食”に感動している。

ドイツ車一筋26年…大物女性アーティストの一途な愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 青木アナは「25年ぶりに食べた給食の揚げパンが美味しすぎた件…」と3枚の写真を投稿した。緑の盆の上にはトマトベースのスープに揚げパン、サラダにデザート。そして紙パックの牛乳が置かれていた。

 また「先日、東京都 港区立 御田小学校で、出前授業をしました。児童はもうすぐ卒業を控えた6年生。『コミュニケーション』をテーマに、自分を主張することや相手を尊重すること、そしてSNSとの付き合い方について皆で考えました。『青木先生!』って呼ばれたのは人生で初めて。笑」とも報告している。

 この投稿にファンからは「いつのまにか牛乳は紙パックに」「給食美味しそうですね」「先生にしか見えん」「給食たまらん」「あげパンって美味しいですよねー」などの声が寄せられている。

次のページへ (2/2) 【写真】青木源太アナが実際に食べた港区の給食
1 2
あなたの“気になる”を教えてください