唐田えりか、セットの部屋にお泊り 役作りに好影響「不安な気持ちを実感しながら」

俳優の唐田えりかが18日、都内で行われた映画『死体の人』の公開記念舞台あいさつに奥野瑛太、楽駆、メガホンをとった草苅勲監督とともに出席した。

舞台あいさつに出席した唐田えりか【写真:ENCOUNT編集部】
舞台あいさつに出席した唐田えりか【写真:ENCOUNT編集部】

主演の奥野もお泊り「セットのアパートはすばらしくて」

 俳優の唐田えりかが18日、都内で行われた映画『死体の人』の公開記念舞台あいさつに奥野瑛太、楽駆、メガホンをとった草苅勲監督とともに出席した。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 演じることにかける思いは人一倍強いものの、死体役ばかりの売れない役者・吉田広志(奥野)の不器用な生き方を通じた人間ドラマを描く。

 唐田は、主人公と運命の出会いを果たすヒロイン・加奈を演じた。役作りは「自分と似たところを大きくしていった」といい、加奈との共通点は「頑固なところがあったり、一度決めたら最後までやり遂げたいと思っているところ」と紹介。「奥野さんや監督と一緒になって試行錯誤しながらキャラクターを作り上げました」と感謝した。

 主演の奥野は、撮影が行われた広志の部屋に実際に泊まったことを告白。役作りかと思いきや、本人は否定し、「家で台本が読めないけど喫茶店やカラオケに行くのはお金がかかる。セットのアパートはすばらしくて、そこに住めるよと言ってくれたので、大声を出しても怒られないし、節約になるので(笑)」と明かした。

 唐田も、セットに泊まったようで「役の部屋に泊まるのは初めてだった。奥野さんが泊まっていると聞いて、そういう役作りしたことがないので『やってみたいな』と思って。学ばせてもらった」とほほ笑み。住心地を聞かれると、「この部屋で生活する加奈の不安な気持ちを実感しながら生活していました」と役作りに一役買った様子だった。

次のページへ (2/2) 【写真】奥野瑛太、楽駆ら登壇…舞台あいさつ集合ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください