日本ファンからの声援に感激 WBC豪州代表、9回2死で東京ドームを包んだ声援は「特別だった」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は15日、東京ドームで準々決勝が行われ、オーストラリアはキューバに3-4で敗れた。惜しくも1点及ばなかったが、オーストラリアだが、同代表は日本のファンへの感謝を示している。

東京ドームでキューバと対戦したオーストラリアのダリル・ジョージ【写真:Getty Images】
東京ドームでキューバと対戦したオーストラリアのダリル・ジョージ【写真:Getty Images】

「日本のファンは、ずっと私たちを受け入れてくれた」と感謝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は15日、東京ドームで準々決勝が行われ、オーストラリアはキューバに3-4で敗れた。惜しくも1点及ばなかったが、オーストラリアだが、同代表は日本のファンへの感謝を示している。

ドイツ車一筋26年…大物女性アーティストの一途な愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 同試合には東京ドームに3万5000人が詰めかけた。日本戦ではないが、多くのファンが4強入りをかけた一戦を見守った。

 そしてオーストラリアが1点を追う、9回2死で打席にダリル・ジョージが入るとほぼ満員の観客席からは、「レッツゴージョージ」の声援が続いた。ジョージは三振に倒れたが、このシーンは同国代表の心に強く残ったようだ。

 豪州野球連盟の公式インスタグラムでは長文を投稿。日本のファンへの思いをこう記している。

「ほぼ満員の東京ドームのファンの前で、ダリル・ジョージがこの試合の最後の打席で打席に立った。その様子、音、感じから、私たちがホームチームであるかのように思われたことでしょう。特別な1打席だった。彼は微笑んでいた。私たち全員がそうでした。日本のファン、球場全体が “Let’s go Georgie” と声をそろえたのです」

 そして日本の応援スタイルにも触れながら、「日本のファンは、私たちがここに来てからずっと私たちを受け入れてくれたし、私たちも彼らを受け入れてきた。素晴らしいリスペクトと感謝の気持ちの表れだった」などとつづった。

 日本のファンからの応援はオーストラリアにとって今大会のハイライトの1つとして残ったようだ。

次のページへ (2/2) 【動画】オーストラリア代表を感激させた9回2死の東京ドームの光景
1 2
あなたの“気になる”を教えてください