『アメトーーク!』で衝撃 バッドボーイズ佐田の“世紀末ハイエース”が「マッドマックスの世界」

テレビ朝日系『アメトーーク!』(木曜午後11時15分)の2日放送回は「ハイエース芸人」。ハイエースを愛車とする芸人が自身のハイエースを紹介し、“ハイエース愛”を語る1時間だったが中でもお笑いコンビ・バッドボーイズの佐田正樹の個性的な1台が視聴者の驚きを誘った。

バッドボーイズの佐田正樹【写真:ENCOUNT編集部】
バッドボーイズの佐田正樹【写真:ENCOUNT編集部】

「佐田のが一番いい」の声も

 テレビ朝日系『アメトーーク!』(木曜午後11時15分)の2日放送回は「ハイエース芸人」。ハイエースを愛車とする芸人が自身のハイエースを紹介し、“ハイエース愛”を語る1時間だったが中でもお笑いコンビ・バッドボーイズの佐田正樹の個性的な1台が視聴者の驚きを誘った。

ドイツ車一筋26年…大物女性アーティストの一途な愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 佐田のハイエースは一見すると車体に錆が目立ち、古臭さも感じるが、これがこだわりのようで自らペンキやハンマーでエイジング。ゴムを貼って鉄鋲風に再現するなど、大胆にカスタムを施したという。

 この日の出演者の中でも異彩を放った1台に、ゲストのNMB48・渋谷凪咲は「世紀末みたい」と表現していたが、視聴者からも反響が続々。「佐田のハイエースめっちゃカッコいい」「佐田のハイエース、MADMAXの世界だな」「怖いわ」「佐田のが一番いい」「めっちゃゾンビ轢き殺しまくってそう」などとツイッター上で盛り上がっていた。

次のページへ (2/2) 【動画】佐田の“世紀末ハイエース”
1 2
あなたの“気になる”を教えてください