Snow Man目黒蓮、共演者からストイックと称されるも…「僕は器用ではない」 休憩時間も役作りに集中

映画『わたしの幸せな結婚』(3月17日公開)のプレミアイベントが1日、都内で行われ、主演の目黒蓮(Snow Man)、今田美桜ら豪華キャストが登壇した。着物姿でレッドカーペットを歩いた目黒は「気持ちよく歩かせていただきました」と笑顔で感想を口にした。

プレミアイベントに登場したSnow Manの目黒蓮【写真:ENCOUNT編集部】
プレミアイベントに登場したSnow Manの目黒蓮【写真:ENCOUNT編集部】

映画『わたしの幸せな結婚』プレミアイベントに登壇

 映画『わたしの幸せな結婚』(3月17日公開)のプレミアイベントが1日、都内で行われ、主演の目黒蓮(Snow Man)、今田美桜ら豪華キャストが登壇した。着物姿でレッドカーペットを歩いた目黒は「気持ちよく歩かせていただきました」と笑顔で感想を口にした。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 同作は、日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」発の、小説とコミックのシリーズ累計発行部数が550万部を突破した人気作で、心を閉ざしたエリート軍人と悲運の女性の運命のラブストーリー。主人公・久堂清霞(くどう・きよか)を演じるのは目黒蓮(Snow Man)で、本作が初の単独主演。ヒロイン・斎森美世(さいもり・みよ)は今田美桜が演じる。この日のイベントには目黒、今田、渡邊圭祐、大西流星(なにわ男子)、前田旺志郎、高石あかり、塚原あゆ子監督が登壇した。

 完成披露舞台あいさつに先駆けて行われたプレミアイベントでは、豪華キャスト陣が大正ロマンを思わせる衣装でレッドカーペットに登場。今作で映画単独初主演となる目黒は「マネジャーさんに『決まったよ』と教えていただいたときはすごくうれしかった」とオファーがあった当時の心境を振り返った。

 ヒロインを演じた今田から「ストイック」と称された目黒。さらに渡邊から「現場でも、カメラが回っていない時間もずっと清霞なんですよ。『ちゃんと距離置こう』って思うくらい、冷たそうな気がした」と現場での振る舞いを明かされると、目黒は「僕はそこまで器用ではなくて……」とぽつり。「本番よーいスタート、で役にパッと変われる器用さはないので、つねに役のことを考えていましたね」と回顧した。

 さらに目黒は「僕は1個のことしかできなくて。ご飯を食べながらテレビを見れない」と自身のクセを告白。「(グループのメンバーからも)よく言われます。『1個のことしかできないね』って」と話すと、前田は「歌って、踊るはできる?」とツッコミ。目黒は「確かに……」とうなずき、「中学2年生からやっているので、2つって感覚はない。(歌とダンス)は1つ、セット」と価値観を明かしていた。

 目黒にとって、今作が映画単独初主演。どんな作品になったかと問われると「自分にはなくちゃならなかった時間」と振り返り、「キャストの皆さんもそうですけど、塚原さんがお芝居をすごく分かりやすい言葉でたくさん教えてくれて、すごく愛のある方。それが今の自分のお芝居の土台を作ってくださった」と塚原監督に感謝。さらに「そのあと撮った作品とか、ここが違うかなと思っても(塚原監督の言葉を)勝手に思い返していたくらい、自分の基盤になるものをくださった。本当に最高な時間だったと思います」と重ねると、塚原監督は「役に立ったなら幸せです」と笑顔を見せていた。

次のページへ (2/2) 【写真】プレミアイベント&完成披露試写会の様子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください