綾瀬はるか、木村拓哉とタッグの映画が公開迎え「うれしさと少しのさみしさ」

俳優の綾瀬はるかが27日、都内で行われた映画『レジェンド&バタフライ』の初日舞台あいさつに登壇。公開初日を迎えた感想を問われ「無事にこの日を迎えられて、うれしさと少しさみしさがありますが、やっと皆さまに見ていただけるのがうれしい」とあいさつした。

『レジェンド&バタフライ』初日舞台あいさつに登壇した綾瀬はるか【写真:ENCOUNT編集部】
『レジェンド&バタフライ』初日舞台あいさつに登壇した綾瀬はるか【写真:ENCOUNT編集部】

映画『レジェンド&バタフライ』初日舞台あいさつに登壇

 俳優の綾瀬はるかが27日、都内で行われた映画『レジェンド&バタフライ』の初日舞台あいさつに登壇。公開初日を迎えた感想を問われ「無事にこの日を迎えられて、うれしさと少しさみしさがありますが、やっと皆さまに見ていただけるのがうれしい」とあいさつした。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 東映70周年記念を冠し、日本映画史上最高峰のキャスト・スタッフが集結して製作された同作。総製作費20億円の壮大なスケールで、誰もが知る日本史上の“レジェンド”織田信長と、謎に包まれたその正室・濃姫(別名“帰蝶”)の知られざる物語を描く。この日のイベントには信長を演じた木村拓哉、濃姫を演じた綾瀬はるかほか、宮沢氷魚、市川染五郎、伊藤英明、中谷美紀、大友啓史監督が登壇した。

 綾瀬は「関わる皆さんが隅々まで、細部まで全力で丁寧に作りこんでいる作品。ぜひ皆さまに応援していただけたら」と話し、「少しでも心が動かれた方は、またぜひ遊びにきていただきたいですし、お友達や誰かを呼んで、ぜひ大きなスクリーンで見ていただきたいです」と笑顔を見せた。

 イベントでは、激動の時代を駆け抜けた信長と濃姫の物語が描かれることにかけ、「見てみたい世界」についてトークすることに。綾瀬は「歴史を見てみたいけど、戦国時代はちょっと危なそう」とし、「危なくない環境で、強いカプセルとかに入って恐竜の時代を見てみたい!」と声を弾ませていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください