「これはさすがに避けきれんわ…」アルファードが中央線を越えて突進 衝撃の事故の瞬間

「これはさすがに避けきれんわ…」。自身が運転する車のドライブレコーダーに映った交通事故の瞬間を捉えた衝撃的な映像が議論を呼んでいる。対向するアルファードが斜行しながら突進。よけきれずに衝突する内容だ。動画を投稿したなつさん(@n_zzw_30)に当時の状況を聞いた。

斜行しながら接近するアルファード【写真:ツイッター(@n_zzw_30)より】
斜行しながら接近するアルファード【写真:ツイッター(@n_zzw_30)より】

「これをどうにか出来るのならやって見せろと言いたいレベル」

「これはさすがに避けきれんわ…」。自身が運転する車のドライブレコーダーに映った交通事故の瞬間を捉えた衝撃的な映像が議論を呼んでいる。対向するアルファードが斜行しながら突進。よけきれずに衝突する内容だ。動画を投稿したなつさん(@n_zzw_30)に当時の状況を聞いた。

 ツイッター上に投稿された動画は2本。向かって左は前方、右は後方のドライブレコーダーにそれぞれ記録された映像を公開している。

 前方を捉えた動画には事故の衝撃的な瞬間が収められている。まだ明るい日中、見通しのいい片側一車線の道路を走っていると、前方から1台のアルファードが斜行しながら接近。オレンジの中央線を越え、そのままぶつかった。ブレーキを踏んでいる様子は見られない。

 一方、後方の動画は、「ドン」という衝突音とともに、車の部品の破片が飛び散り、アルファードが停車するまでのシーンが映された。

 なつさんはENCOUNTの取材に、動画の撮影日時について、「2023年1月15日の12時20分頃」と回答。事故原因については、「相手の助手席に乗っていた男性の話によると、事故の直前に意識を失っていたということを言われました」と明かしたが、詳しいことはまだ分かっていないという。

 なつさんと同乗者は事故の衝撃で全身を強く打ち、現在も治療中だ。「私と同乗者は首や腕、肩に痛みがあり、治療中です」と容体を説明した。間一髪で大けがは免れたものの、「同乗者は運転することが怖くなってしまい、事故当時もパニック状態でした」と後遺症も心配される。車も破損しており、「運転席側の前の部分が大きく壊れている状況」と、大きな被害を受けた。

 動画は40万回以上再生され、「お身体の治療に専念してください」「これをどうにか出来るのならやって見せろと言いたいレベルでどうしようもない」「左に避けて正解」などの声が寄せられている。交通事故はいつ起こるか分からない。改めてその怖さを思い知らされる動画だ。

次のページへ (2/2) 【動画】公開されたドライブレコーダーの衝撃映像…「どうしようもない」「左に避けて正解」の声
1 2
あなたの“気になる”を教えてください