【星降る夜に】冒頭からいきなりのキス! 突然の展開に視聴者動揺「北村匠海でしか許されないw」

女優の吉高由里子が主演を務め、俳優の北村匠海が共演するテレビ朝日火曜ドラマ『星降る夜に』(午後10時)が、17日にスタートした。初回放送では、冒頭から突然キスシーンが描かれ話題となっている。

雪宮鈴(左=吉高由里子)と見つめ合う柊一星(北村匠海)【写真:(C)テレビ朝日】
雪宮鈴(左=吉高由里子)と見つめ合う柊一星(北村匠海)【写真:(C)テレビ朝日】

産婦人科医と遺品整理士のピュア・ラブストーリー

 女優の吉高由里子が主演を務め、俳優の北村匠海が共演するテレビ朝日火曜ドラマ『星降る夜に』(午後10時)が、17日にスタートした。初回放送では、冒頭から突然キスシーンが描かれ話題となっている。

(以下、ドラマの内容に関する記述があります)

 同作は、脚本家・大石静が描くオリジナル作品。心がすり減り熱意を失った35歳の産婦人科医・雪宮鈴(吉高)と、自由奔放に人生を謳歌(おうか)して生きる25歳の遺品整理士で、生まれつき耳が聞こえない柊一星(北村)。「命のはじまり」と「命の終わり」をつかさどる2人が出会い、ひたむきな10歳差恋愛を育んでいくピュア・ラブストーリー。

 のどかな海街にある「マロニエ産婦人科医院」で働く鈴は、ある医療裁判がきっかけで大病院を追われた過去があった。窮屈で息苦しい社会の中で心がすり減り、誰にも本音を語らず、孤独な毎日を過ごしていた。そんな鈴は、息抜きのためソロキャンプへ。1人で酒をあおり、湖畔で燦然(さんぜん)と輝く星空を眺めていると、そこへ美しい青年・一星が現れた。

 初回放送の冒頭は、一星側の視点で2人の出会いが描かれた。暗闇の中、湖畔で満天の星空を撮影していた一星は、そばで夜空を見上げている鈴の姿に気づく。まるで鈴に吸い寄せられるかのように近づいた一星は、カメラを向けてシャッターを切る。無音の中、フィルター越しに映る鈴。一星は突然、鈴にキスをした。

 このいきなりの展開に、SNS上では「いきなりのキスで動揺してる」「出会って間もなくキスって……えー???」と驚きが。また「北村匠海でしか許されないwwww」「これ匠海くんじゃなきゃ警察呼び(笑)」「下手すると通報されるやつw」といったツッコミも見られた。

 翌朝テントで目覚めた鈴は、一星が手でサインを伝えたまま去ってゆく背中を見送った。帰宅した鈴は、一星の手の動きをネットで検索する。それは「お前のゲロ、全部片付けた、バ~カ」というメッセージだった。一星は手話で悪態をついていたのだ。

 数日後、鈴のもとに母親の愛子(岸本加世子)が亡くなったと連絡が入る。鈴が葬儀場で一人いすに座っていると、箱を抱えた男性がやって来た。その男性は、キャンプ場で出会った一星だった。

 一星は遺品整理会社「ポラリス」で働く遺品整理士だった。愛子は生前、遺品整理を依頼しており、一星は愛子の遺品が入った「お客様ボックス」を届けに来たのだ。一星はタブレットを見せると、自分が遺品整備士であることを説明し、鈴に名刺を差し出す。そして「私はろう者ですので、こちらで説明させて頂きます」とタブレットで説明を続けた。

 タブレットとスマホを使いながら会話をする2人。鈴は、母とは去年の正月以来会えていなかったと明かし、「ひとり寂しく旅立ったんですね」と悲しむ。しかし一星は「寂しかったと決めるつけるのは、違うんじゃないでしょうか」とスマホに打ち込んだ。一星は「お客様ボックス」の中に入っていた思い出の品を渡し、ランチやプール、フラダンス、旅行などの予定が詰まった愛子のカレンダーを見せた。また、フラダンスでは愛子のファンがいたとも教えてくれた。鈴は母親との思い出がよみがえり涙するのだった。

 ドラマ終盤、鈴は海辺で写真を撮っている一星のもとへ向かう。キャンプ場で汚してしまったマフラーを返すと、母の遺品整理をしてくれたことを手話で「ありがとう」と伝えた。さらに「でも、お前のキス、大したことなかったけどな」と手話で続けると、一星は鈴を見つめて笑顔を見せた。

 SNS上では「生と死をテーマにしながらも、ちょっとコメディーもあって見やすかった」「産婦人科医と遺品整理士の対比がこれから楽しみだなあ」といったコメントが寄せられている。

次のページへ (2/2) 【写真】第1話アザーカット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください