日産が新型「GT-R」を先行公開 「史上最高のGT-R」自信の1台はリアウィングを大幅に見直し

日産自動車は13日、千葉・幕張メッセで開幕した東京オートサロン2023でGT-Rの2024年モデルを先行公開した。

2024年モデルのGT-Rニスモ仕様【写真:ENCOUNT編集部】
2024年モデルのGT-Rニスモ仕様【写真:ENCOUNT編集部】

「東京オートサロン2023」が開幕

 日産自動車は13日、千葉・幕張メッセで開幕した東京オートサロン2023でGT-Rの2024年モデルを先行公開した。

 現行のGT-R(R35型)は07年にデビュー。約15年にわたり、進化を続けてきた。ベールを脱いだ新モデルはフロントバンパーやリアウィングなど外装のデザインを大幅に見直した。また、新構造のマフラーを採用し、迫力あるサウンドを実現している。

 ニスモ仕様はシートカーボンフレームがむき出しで、ビジュアルのインパクトも強い。「シートは非常に重要。GT-Rニスモの性格を一目で表していると思う。非常に薄いんですけど、非常に剛性が高い」と、川口隆志チーフ・ビークル・エンジニアは説明した。

 また、スタンダード仕様も新しい顔つきを表現。快適な走りを妨げる風を制御し、空気抵抗を削減している。リアウィングは17年の発売以来、一度も変えていなかったが、改良を加えた。川口氏は「ウィングの長さは少し幅を広くしました。搭載位置を後ろも下げています」と指摘。トータル10%ほどダウンフォース(空力性能)を強めたという。

 アシュワニ・グプタCOOが「GT-Rの極み。史上最高のGT-Rとも言うべき集大成です」と自信を込めた新型GT-Rから目が離せない。

次のページへ (2/2) 【写真】東京オートサロン2023を彩るイメージガールたちの全身ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください