千原ジュニア、共演タレントの“サイン売買”対策に驚き「そしたら売られへんもんな!」

お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニアがMCを務めるABEMAの報道情報番組「ABEMA的ニュースショー」(毎週日曜、正午)で、オークションでの“サイン売買”が話題にあがった。

千原ジュニアが“サイン売買”について持論【写真:(C)AbemaTV,Inc.】
千原ジュニアが“サイン売買”について持論【写真:(C)AbemaTV,Inc.】

アナウンサーのサイン事情「楷書で局名と名前をそのまま書いていると思う」

 お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニアがMCを務めるABEMAの報道情報番組「ABEMA的ニュースショー」(毎週日曜、正午)で、オークションでの“サイン売買”が話題にあがった。

 11日の放送では、人気格闘家の那須川天心や武尊のサイン入りポスターを偽造し、オークションサイトで落札者から代金をだまし取った疑いでプロキックボクサーのぱんちゃん璃奈が逮捕された事件を紹介。この話題にちなみ、スタジオでは“サイン”についてトークが展開された。

 オークションでのサイン売買について、ジュニアは「品川駅や新大阪駅で有名人を待ち伏せしている人から『サインしてください』と言われることがある。サインに添えるために『名前は?』と聞いて、『名前はいらないです』と言われると、売るために“名無し”にしているんだろうなと思う。俺は『売るんやったら、売ったらええわ』って気持ちで書いてるけど」とコメント。

 これを受け、タレントのでか美ちゃんは「そういうとき、私は『なんで名前ナシなんですか?』『売らないでね?』と色紙にふざけた感じで書いてます。その人からしたら、ちょっと嫌かもしれないけど(笑)」と斬新な転売対策を明かすと、ジュニアは「そしたら売られへんもんな!」と思わずうなった。

 また、お笑いコンビ「オジンオズボーン」の篠宮曉は「同じ事務所の安田大サーカスは1人で仕事をしていても、3人分のサインを書いている。『1人だけのサインより、3人のサインの方がバランスが良いから』という理由で書いているようで、サインをもらった方も喜んでいるから良いと思うけど、その場にいない人のサインを書くってありなのかなって……」と戸惑いながら告白。ジュニアは「それ、偽サインです」と一刀両断し、笑いを誘った上で、「俺がサインを頼まれて、せいじのサインも一緒に書くって感覚か。その感覚は俺にはないな」と話した。

 さらに、アナウンサーのサイン事情について、進行を務めるテレビ朝日の田中萌アナウンサーは「多くのアナウンサーは、楷書で局名と名前をそのまま書いていると思う」と明かすと、ジュニアは「確かに、お店に貼ってあるアナウンサーのサインはそう書いてはるね!」と合点がいった様子で応じていた。


トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください