“生理浴”は浸透するか 生理中専用の入浴剤が話題、開発元にコンセプトを聞いた

生理中でも入浴を楽しむための入浴剤がネット上で話題を集めている。画期的な商品に注目が集まる一方、SNSでは「生理の血につかりたいと思わない」「衛生面が気になる」との声も。一体どういった商品なのか。開発元の株式会社ドリームズを取材した。

話題となった生理中専用のバスボム「Bloody Bomb(ブラッディボム)」【写真:提供画像】
話題となった生理中専用のバスボム「Bloody Bomb(ブラッディボム)」【写真:提供画像】

SNSでは「生理の血に浸かりたいと思わない」「衛生面が気になる」との声も

 生理中でも入浴を楽しむための入浴剤がネット上で話題を集めている。画期的な商品に注目が集まる一方、SNSでは「生理の血につかりたいと思わない」「衛生面が気になる」との声も。一体どういった商品なのか。開発元の株式会社ドリームズを取材した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

「生理中用のバスボム。『血が気になって』の解釈違いえぐいて」。28日、SNS上で拡散したのは同社が商品化したCBD成分配合のバスボム「Bloody Bomb(ブラッディボム)」。「生理の日に血が気になってお風呂に入れない」という女性の本音を受け、特別な入浴体験を提供できないかという思いから開発された生理中専用の入浴剤だ。昨年行われた女性の「健康」と「活躍」を支援する展示会、第1回「Femtech Tokyo(フェムテック トーキョー)」にも出展。好評を博し、来年1月から順次発売を予定しているという。

 ドリームズによると、生理中に身体を温めることは生理痛緩和につながるとされており、同社では生理中に湯船に漬かって体をいたわる入浴方法「生理浴」を提唱している。さらに大麻成分のうち安眠や自律神経の調整に効果があるといわれるCBD成分を40ミリグラム配合。生理でいらだったり不安な気持ちを落ち着ける効果があるという。

 商品には「今夜は、生理浴。『生理中はお風呂を諦めなきゃ』なんて、ガマンの時代はおしまいです。生理浴。それは、月に一度のいたわり入浴法。カラダをぽかぽか温めながら、贅沢気分にどっぷり浸かる。モヤモヤやチクチクも綺麗さっぱり流しちゃえ。さあ、生理浴でひと息つきましょ。きらめく赤いお風呂で、特別な夜の幕開けです」というキャッチコピーが添えられている。

 ドリームズの担当者は「赤い色とローズの香りで経血が目立たなくなり、ラメが入っているためワイン風呂のようにぜいたくな気分に浸れます。確かに、Femtech Tokyoでも『経血がお風呂に混ざるんじゃないか』といったご質問がありましたが、そもそも入浴剤を使った後はシャワーで体を流される方がほとんど。納得の上で、たくさんのご好評いただけました」と説明する。一方で「経血はそんな赤いものでもサラサラ水に溶けるもんでもないから出てしまったらこんな物じゃ誤魔化せないんだよなぁ」という声があるのも事実だ。

 同社が週に1回以上湯船に漬かる全国の20~40代の女性300人に行ったアンケート調査では、生理中に湯船に漬かることに抵抗を感じている女性は約8割にものぼる。「生理でも気にせずお風呂に漬かる」という習慣ははたして定着するか。

次のページへ (2/2) 【写真】真っ赤なバスタブを背景に「今夜は、生理浴。」と書かれたキャッチコピー
1 2
あなたの“気になる”を教えてください