後藤祐樹、不妊治療中の胸中明かす「男である以上はパートナーを全力で支えましょう」

タレントの後藤祐樹が21日、インスタグラムを更新。不妊治療の進捗を報告している。

後藤祐樹【写真:山口比佐夫】
後藤祐樹【写真:山口比佐夫】

「世の中には不妊治療で頑張っているご夫婦が沢山います」

 タレントの後藤祐樹が21日、インスタグラムを更新。不妊治療の進捗を報告している。

ドイツ車一筋26年…大物女性アーティストの一途な愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 後藤は「今日は妻が採卵の日でクリニックに行って参りました! 2015年から段階的に不妊治療をはじめ、人工授精から体外授精(顕微)に切り替わりました!」と投稿している。

 さらに「不妊治療の右も左も分からない中で夫婦で色々な物を試し神頼みにも近い事までやってきました。回数を重ねる度に自信がなくなっていく妻を見るのが凄く辛くて、一時期は僕も現実逃避したいと思った事もあります。それでも夫婦で話し合い今年になって不妊治療の再開に踏み切りました」とこれまでの経過を説明。

 そして「治療での痛み、精神的な苦痛、不安、その中の1つでも代わってあげられたらと思いますが僕には代わることができません。しかし僕に出来る事を沢山考え、妻が全力で治療に臨めるようにサポートしていきます。世の中には不妊治療で頑張っているご夫婦が沢山います。男性である僕を含め、男である以上は大切なパートナーを全力で支えましょう」と決意をつづった。

次のページへ (2/2) 【写真】後藤と妻・千鶴さんの2ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください