“茨城忍者”Art、RAGE出場は「一生の思い出」 ファンに約束「なんでも全力で」

eスポーツエンターテインメント「RAGE(レイジ)」によるタクティカルFPSゲーム「VALORANT」の有観客イベント「RAGE VALORANT 2022 Autumn」が、8日と9日の2日間にわたって有明ガーデンシアターで開催され、DAY1では有名ストリーマーによるオールスターマッチ、DAY2では日本を代表するプロのトッププレイヤーと韓国の強豪DRXが参戦してのオールスターエキシビジョンが実現した。Day2終了後、Sengoku Gamingの“茨城忍者”ことArtにイベントの感想や、ファンへの思いなどを聞いた。

「RAGE VALORANT 2022 Autumn」に出場したSengoku GamingのArt【写真:ENCOUNT編集部】
「RAGE VALORANT 2022 Autumn」に出場したSengoku GamingのArt【写真:ENCOUNT編集部】

Sengoku GamingのArt「夢の時間でした」

 eスポーツエンターテインメント「RAGE(レイジ)」によるタクティカルFPSゲーム「VALORANT」の有観客イベント「RAGE VALORANT 2022 Autumn」が、8日と9日の2日間にわたって有明ガーデンシアターで開催され、DAY1では有名ストリーマーによるオールスターマッチ、DAY2では日本を代表するプロのトッププレイヤーと韓国の強豪DRXが参戦してのオールスターエキシビジョンが実現した。Day2終了後、Sengoku Gamingの“茨城忍者”ことArtにイベントの感想や、ファンへの思いなどを聞いた。(取材・構成=片村光博)

    ◇ ◇ ◇

――「RAGE VALORANT 2022 Autumn」の感想を教えてください。
「一生の思い出ができました! 楽しかったです! みんなでラウンドを取って喜ぶ感じとか……。自分はあまり(チームメートと)隣でプレイした経験がなかったので、グータッチをすることがなかった。楽しかったですね」

――ZETA DIVISIONの方々からサインももらっていましたね。そうしたスターたちと共演したことの感慨はありますか?
「もともと自分はファンからスタートして、今でもずっといろいろな人の配信に入り浸っているような“キッズ”です(笑)。そうやって見ている人たちとプレイできたのは、夢の時間でした」

――イベントを通じて印象的だった出来事は?
「最後にあいさつをしたんですが、本当に夢のような時間だったので、このようなイベントがあったこと、出場できたことを思いながら喋っていました。そして客席を見たときにちょっと、来るものがありました。あの時間は印象的です」

――出場選手を決める投票のときから精力的にアピールされていました。
「僕は一人のファンであるというのもありますし、前回のRAGEも見に来ていたんです。あまり大会で結果を残せていなくて、(上に進んで)オフラインの場に出ることは難しい中、こういうイベントがあり、出たいと思ったんです。そのためには知名度も実力も他の選手には劣っていると思っていて、自分が使える武器、アピールできるところを使ったという形です」

――「公約」は自身から提案したのでしょうか?
「『公約したい』と思っていて、チームから『どうしても出たいなら動画撮ろうよ』と言っていただきました。動画の反響はいろいろありましたが、それがなければ(出場は)ないです。『笑笑』『頑張れ』『滑ってんな』とか、いろいろでしたが、それも含めて見てくれているということですからね」

――ちなみに、なぜ“茨城忍者”なんですか?
「茨城県に住んでいて、当時聴いていたヒップホップの曲に『火を吹くNinja KAWASAKI』というものがあったんです。そこから『川崎忍者』、自分なら『茨城忍者』ってことですね。そこからオーディンを使うから目立って、『いばにんだ!』ってなっていきました」

――オーディンの好きなところは?
「強いですね。自分は撃ち合いじゃ勝てない。そんなことは分かってて、そこで張り合うよりも、考えたり、ロジックからゲームを分析するのが好きなんです。それさえできれば良いシチュエーションが回ってきて、エイムがなくても勝てる。VALORANTのもう一つの楽しみ方だと思っています。(オーディンは)ロジックで戦える武器だから好きですね」

――チーム全員で“代名詞”とも言えるオーディンを使う場面もありました。
「うれしかったですね。『全員で使おうよ』と言ったら『いいよいいよー』って感じでした」

――同じチームの選手とはどんなことを話していましたか?
「BuZzとMaKoとは、とりあえず分かる単語でなんでもいいから話していました。『ごはんおいしかった?』とか、『楽しもうぜ』とか。なんでもいいからとにかくコミュニケーションをするということは、意識的にしていました。本当に気持ちよくプレイしてほしかったので、そうなっていたらよかったなと。Jさん(takej)とDepさんは自分と系統が少し違うというか、ちょっとコワモテなんで(笑)、コミュニケーションが取れるか不安だったんですが、2人ともいい人でした。Jさんは温かくて、Depさんは話しかけるとニコってしてくれて……。コミュニケーションが結果的にうまく取れてよかったです」

――来場者や配信を見てくれたファンへの思いを教えてください。
「ありがとうございました。一生の思い出ができました。これからも僕は合っていることも間違っていることも、なんでもやっちゃいます。合っているのか間違っているのかは分からないんですけど、なんでも全力で取り組むので、これからも応援していただけるとうれしいです」

○ABEMAでは「RAGE VALORANT 2022 Autumn」各チームの視点を自由に切り替えて視聴できるPPVを31日正午まで販売中。一般チケットはABEMAコイン1670コイン、2DaysチケットはABEMAコイン2500コイン。購入は下記URLから。

DAY1:https://abema.tv/channels/payperview-6/slots/95Kb4PHPmJTxYX
DAY2:https://abema.tv/channels/payperview-5/slots/B6tw7gmNoVZQzT



この記事に戻るトップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください