Crazy Raccoon・neth、オフラインイベントでファンの応援実感「活動のモチベーションに」

eスポーツエンターテインメント「RAGE(レイジ)」によるタクティカルFPSゲーム「VALORANT」の有観客イベント「RAGE VALORANT 2022 Autumn」が、8日と9日の2日間にわたって有明ガーデンシアターで開催され、DAY1では有名ストリーマーによるオールスターマッチ、DAY2では日本を代表するプロのトッププレイヤーと韓国の強豪DRXが参戦してのオールスターエキシビジョンが実現した。Day2終了後、Crazy Raccoonのnethにイベントの感想や、盛り上がりを見せる日本FPSシーンなどについて語ってもらった。

「RAGE VALORANT 2022 Autumn」に出場したneth【写真:ENCOUNT編集部】
「RAGE VALORANT 2022 Autumn」に出場したneth【写真:ENCOUNT編集部】

「RAGE VALORANT」で感じた盛り上がり 「すごくうれしくて、印象に残っています」

 eスポーツエンターテインメント「RAGE(レイジ)」によるタクティカルFPSゲーム「VALORANT」の有観客イベント「RAGE VALORANT 2022 Autumn」が、8日と9日の2日間にわたって有明ガーデンシアターで開催され、DAY1では有名ストリーマーによるオールスターマッチ、DAY2では日本を代表するプロのトッププレイヤーと韓国の強豪DRXが参戦してのオールスターエキシビジョンが実現した。Day2終了後、Crazy Raccoonのnethにイベントの感想や、盛り上がりを見せる日本FPSシーンなどについて語ってもらった。(取材・構成=片村光博)

    ◇ ◇ ◇

――RAGE VALORANT 2022 Autumnを終えての感想を教えてください。
「第一に楽しかったのと、前回に加えて今回は韓国からDRXが来てくれて、よりハイレベルかつ楽しめるようなイベントになりました。見ている人にも、ワチャワチャもハイレベルな試合も見せることができてよかったですね」

――DRXの選手たちの煽り合いも面白かったですね。
「日本の選手は優しい人が多いから、冗談でもあんまりバチバチにはならないんですよね(笑)。そういうところもあって楽しませてくれました」

――ファンとの距離の近いイベントになりました。
「前回のRAGE VALORANTと似た感想にはなりますが、コロナ禍が続いている中でバルーンという形で声援を送ってもらったり、ゲームやっているだけなので違和感あるんですけど、アイドルみたいな担がれ方をしたり(笑)、ネームプレートを作ってきてくれたりするのは、オンラインでは伝わらないこと。そういったことが目に見えて分かるし、お互いに楽しめる最高のイベントだったと思います」

――neth選手のネームプレートはたくさんありましたね。
「自分もチラホラ見れました。そういうのも新鮮で、やっぱり面白かったなという感想です」

――そういった出来事はモチベーションにつながりますか?
「SNSとかで応援されるのももちろんうれしいですが、オフラインイベントだと目に見える形で『応援されてるな』と実感できます。自分の活動のモチベーションにはつながりますね」

――イベントを通じて印象的だったことは?
「スモークに入っている相手選手をナイフで倒したところですね。ああいう珍しいプレイ、すごいプレイのときに、バルーンの音や声で『盛り上がってるな』と感じるのがすごくうれしくて、印象に残っています」

――ナイフキル自体も相当、珍しいシチュエーションですよね。
「こういうときに限ってああいうのが出るんですよね(笑)。それも(イベントの)魅力の一つかなと思います」

――一緒にプレイして印象的だった選手は?
「普段は一緒にやる機会がない、Rb(DRX)とMeteor(NORTHEPTION→現Gen.G Esports)ですね。韓国だけにとどまらず、世界でもすごいプレイを連発しているプレイヤーたちと一緒にできたのは印象的でした。日本のレベルではないエントリーを見ることができて、とにかくすごかったです。

 それと、思ったよりRb選手が日本語を話してくれました。なんなら英語使わずにコミュニケーションを取れていました。普段のランクマッチでも対戦したりしていますが、そういうところで言語を覚えているのはさすがだなと思いました。言語が分からないと一緒にプレイするのは難しい。海外のプレイヤーたちが日本の寄り添ってプレイしてくれるのはありがたいですし、感謝しないといけないと思います」

「幸せなイベントでした」とRAGE VALORANTを振り返った【写真:ENCOUNT編集部】
「幸せなイベントでした」とRAGE VALORANTを振り返った【写真:ENCOUNT編集部】

――日本のFPSシーンを取り巻く環境の変化について、どう感じていますか?
「ZETA DIVISIONのMasters1の成績のおかげもあって、シーンにも良い影響を与えてくれました。逆にこれから盛り下がるのが怖いくらい、今は盛り上がっていますよね。本当に楽しいし、いい環境でプレイさせてもらえているなと思っています」

――その“怖さ”はFPSシーンのこれまでを知っているからこそでしょうか。
「日本で盛り上がっているタイトルは、FPSにも他のジャンルでもありますが、自分はそうしたタイトルをVALORANT以外やってきませんでした。自分一人の行動でどうにかなることではありませんが、初心を忘れず、浮足立つようなことなく、今を大事にしながら活動しています」

――RAGE VALORANT 2022 Autumnを見てくれたファンへのメッセージをお願いします。
「普段から応援してくださるのももちろんすごくうれしいんですが、今回は僕のファンがいることも再認識できました。これからのリーグや自分たちがどうなるのか分からない部分もある中で応援してくれている人たちがいる。これからも頑張っていくモチベーションになるような、めっちゃ幸せなイベントでした」

○ABEMAでは「RAGE VALORANT 2022 Autumn」各チームの視点を自由に切り替えて視聴できるPPVを31日正午まで販売中。一般チケットはABEMAコイン1670コイン、2DaysチケットはABEMAコイン2500コイン。購入は下記URLから。

DAY1:https://abema.tv/channels/payperview-6/slots/95Kb4PHPmJTxYX
DAY2:https://abema.tv/channels/payperview-5/slots/B6tw7gmNoVZQzT



この記事に戻るトップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください