相方の“ドタキャン”でM-1敗退 大会当日に突然の報告「まじで言ってる?」「うそだろ…」

お笑いコンビ「烏賊すぜ二人」として活動していた田口恭平が、相方の“ドタキャン”によってM-1グランプリから敗退となったことを明かしている。

田口恭平【写真:(C)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.】
田口恭平【写真:(C)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.】

M-1公式サイトでは結果が「欠席」に

 お笑いコンビ「烏賊すぜ二人」として活動していた田口恭平が、相方の“ドタキャン”によってM-1グランプリから敗退となったことを明かしている。

 17日に開催されたM-1グランプリ2回戦にグループGで出場予定だった「烏賊すぜ二人」の田口と柴田夏輝。しかし、田口は同日の朝、驚愕することになる。自身のツイッターで「うそだろ… なんで今日なんや… 終わった…俺のM-1…」とつづって公開した相方とのLINEチャットでは、次のようなやり取りが残されていた。

柴田「芸人としてやっていくのが無理になったので今日行きません。突然の報告ですみません」

田口「まじで言ってる?」

柴田「まじです ギリギリまでずっと考えてたんですけどもう無理です 本当にすみません」

 大会当日のドタキャンだ。M-1グランプリ公式サイトの結果ページで「烏賊すぜ二人」は「欠席」となっており、実際に出場はかなわなかったようだ。

 まさかの事態に、芸人仲間からも「朝起きたら夢みたいなことになってるじゃないですか!!!」「田口さん。。悲しそう。。」などの声が寄せられている田口。なお、ツイッターの肩書は「元烏賊すぜ二人」に変更されている。

次のページへ (2/2) 【写真】田口恭平が公開したLINEでのやり取り
1 2
あなたの“気になる”を教えてください